山のあなたの空遠く

20150715142854-146f91a814b43eba18f355e27f7b828e987368d0.jpg サルスベリ 花言葉「あなたを信じる」 稀代の万葉学者である中西進氏の著書の中に「さいわい」という言葉にふれた一節があります。「さいわい」の古語は「さきわい」で、この「さき」のもとは花が咲くの「さく」だといい、更にこの言葉をひもとくと、古く日本人は、花が咲き満ちた状態を目に浮かべて、それを「さいわい」と表現し、これが古来、日本人の幸福観の証だったと書かれています。いわく「心の中に、いっぱいの花が咲きあふれているように感じること」が、古代の日本人にとっては「幸福」だったと。私たちにとって「幸福」「さいわい」とはなんでしょうか。 山のあなた カール・ブッセ 上田敏訳 『海潮音』より 山のあなたの空遠く 幸(さいわい)住むと人のいふ。 ああ、われひとと尋(と)めゆきて、涙さしぐみ、かへりきぬ。 山のあなたになほ遠く 幸(さいはひ)住むと人のいふ。 「Über den Bergen」 Karl Busse Über den Bergen weit zu wandern Sagen die Leute, wohnt das Glück.       Ach, und ich ging im Schwarme der andern,  kam mit verweinten Augen zurück. Über den Bergen weti weti drüben, Sagen die Leute, wohnt das Glück.

夏は風に吹かれて

20150715143238-aa243367c699686fb167df52b8ccf112d69a4b17.jpg
デュランタ 花言葉「あなたを見守る」
雨が上がったとたん、夏が漲りはじめました。春は爛漫、秋は蕭条、冬は沈黙。何もかもが盛んな夏ですが、あまり得意な時季でないので、どうも持て余してしまって。はじまれば長い、おわれば短いと、毎年同じことを思って、気持ちを連れていかれて、凌いで、それもまた思い出になって。初々しい南風がほほを触っていきました。夏は風に吹かれて。

晴れました

20150715143531-18d608a1e16162ef10f0b9b09ac2a916eac0d07b.jpg
ランタナ 花言葉「確かな計画性」
いよいよ雨は飽きた。なんて声が、天にも届いたかしら、やっ~と晴れた東京です^_^ それにしてもよく降りました。たしか6月の、夏の到来を思わす空いっぱいの夕焼け、あれに見惚れたのが遠い昔の空に思えるほどに。台風もきているというし、暑し涼しの気まぐれなお天気は、まだまだ続きそう。でも雨に洗われて、きらきらと滴をこぼすのを目にすると、まるですべてのものが、生き返ったようにも見えて、これも恵みと思うのです。
過去から学び、今日のために生き、未来に希望を持て。
Learn from yesterday, live for today, hope for tomorrow.

六日の雨は洗車雨

20150715143857-b8a6255a02f22d32bf19d05f8492002c4c54be92.jpg
アサガオ 花言葉「はかない恋」
東京は今日も雨。七月七日に降る雨は催涙雨(さいるいう)といいます。この雨で天の川が荒れてしまい、織姫星と彦星の逢瀬が叶わなくなったことを悲しむ涙の雨、という説もあれば、ようやく逢えた二人が、また一年後まで離れることを悲しむ、惜別の涙雨とも。ちなみに今日、六日の雨は、彦星が織姫星にあうために使う牛車を洗う水になぞらえて「洗車雨」というそう。東京は今日から入谷朝顔市がはじまります。七夕に花を咲かせた朝顔は、ふたりが年に一度出逢えたことを意味する花とした縁起ものなんですって。ふたりの逢瀬、叶うかしら。かないますように。
一年(ひととせ)に 七日(なぬか)の夜のみ 逢ふ人の
恋も過ぎねば 夜は更けゆくも 柿本人麻呂

七月も旅

20150715144053-53384a3e12b385915d61b1e818ff850c9ce600c7.jpg
ブーゲンビリア 花言葉「あなたしか見えない」
ざんざ降りの一日があけ土曜日。雨季のせいもあれど、七月は、ここまで走り抜けた疲れが、ずんと背中からおしつけてくる月。そのおかげで、ずいぶん萎えた心身に気がつき、思いやり、労い、どこかよい場所に身を置いてやりたくなります。あの日のあそこはよかった、あれは秋だった、夏ならどうだろう、花咲くは今頃何か。心ゆくまでゆっくりそこにいてもいい、そんな場所へ、また季節を拾いにいきたい。七月もまた、旅に出たくなるひと月のようです。
幸せとは旅の仕方であって、行き先のことではない。
Happiness is a way of travel, not a destination.

声を聴く

今日は社内MTGの日でした。午後12時から16時までみっちり4時間。今日のメインはこれ。
20150702200153-b6adca7ffa68715f01b6a1530975041989dd9594.jpg
お客様の声のシェアです。
実は切実な悩みなのですが、日に3~5件届くお客様のお声、なかなかスタッフとシェアする時間が取れず、油断すると、あっというまに30件、月にすれば50件以上になるので、いつどのタイミングでシェアすればいいのか、いつも頭を抱えていました。
ポイントは、「どのお客様に、どんな花を届け、それを見てどう感じて下さったか」をスタッフ全員で共有すること。なので、後日いただいたお声だけを、皆でながめて「へ~よかったね」だけではあまり意味がないので、今回から「お声+花の画像」をセットにし、注文IDを記してファイリングすることにしました。
まあ初歩的なんですけれどね。こんなかんじ。
20150702181205-caf12d4a3394aaf4ed489ec311f54b56b69cbb19.jpg
こうすると、いただくご指摘やご意見と当時の花を皆で見ながら「あ、これ私が作ったやつだ」とか「あ~この花のことね」とか「ああ、あのときのね」など、当時の指示書を思いだし、リクエストを思いだし、作業シーンを思いだし、やりとりを思いだし、ご指摘には改善を、お褒めの言葉には喜びをわかちあえて、いいなと。思ってはじめました(^_^)
ちなみに、このリボンの山は、別のアジェンダ「ラッピングのリボンは今のままでいいのか」の残像。
20150702180926-67669ca85a7739f5af98a442598238b126749d51.jpg
みんな真剣。
20150702181026-4cc68bd94f86a82d6423bf2fb9d893ffeed3991a.jpg
真剣。
20150702181113-e552991baf8bb7d96855ec5166d172177b3ceae9.jpg
そして、お届先さまからも、お声が届きます。
20150702181301-a34ad73515781a43893b5d1d873793f644b72d1f.jpg
声を聴くって、たいせつなこと。 
お客様の声も スタッフの声も 家族の声も いろんな声を。
そうそして、今日はスタッフに、こんな(ような)話をしました。
お客様の「最適」をご提案するのが、私達の「サービス=おしごと」です。サービスは常に向上させるもの、そのために私たちは常に勉強しなくてはいけないし、そのために常に改善もするし、常にそれをくりかえさなければ、お客様それぞれの「最適」は叶えてあげられません。
ちなみに「おもてなし」は、押さえても内からわいてくる「相手を思う心」。だから、これは学ぶ、というより自然現象のようなもので、だから私たちは、常に相手を思えるくらいに、日々こころ豊かでいないといけないし、ということは、このしごとをする上で、決して無理をしてはいけないよね。
ということは、ひとりで抱え込んではいけない。そしてこのしごとを、私たちの日常の最優先にしてもいけない。みんなの日常の最優先は、家族です。それが今、この会社にとっては「あなた達スタッフのあたりまえ」だし、でもそれでは困るときが、近い将来に来ることは想定しています。なので会社も改善をくりかえし進化します。
なので、皆さんはともかく、身体を壊すことなく、元気でいなくてはいけません。家族のためにも。そして私たちには、じぶん一人で頑張らなくてもいいように、このメンバーがいます。ですから力をかり、力をかして、協力をしましょう。それがお客様のためにできる最善であり、それが私達の今このチームです。
スタッフこそが私たちの最優先。お客さまがいるからこそ。
日々感謝。
20150702191911-776552f0b642b9c516fe2f3b9f9598829afd5e09.jpg

七月はふみひらく

20150715144417-b5d137bc111bebcc8fbfce0fdbaca861389c3752.jpg
ヤマボウシ 花言葉「友情」
七月はふみひらく。七夕の行事になぞらえて、お互いの無事を確かめるために、お便りや贈り物をして気持ちを伝えあう月です。ひとの手紙をのぞく趣味は持ちあわせていませんが、文豪が残した書簡、こと恋文には、当人達のグラデーションある情感と、心のひだを視るよな微細な表現に、しばし心酔したりなどして。いいのです。七月は文月。募るばかりをしたためるなら、このひと月に。
東京が恋しくなると云ふのは、
東京の町が恋しくなるばかりではありません。
東京にゐる人も恋しくなるのです。
さう云う時に、僕は時々文ちゃんの事を思ひ出します。
芥川龍之介

信頼はシンプル

ひとは期待されるとそれに応えようとするもの、また期待する方には相手を思い通りにしようとする心が潜んでるように思います。「期待はしていない、でも頼りにしてる」とは、雇用当初(正しくは面接時)からスタッフに伝え続けている言葉。大抵この話をすると「どういうこと?」と不可解な顔をされるのですが(笑)心意はいたってシンプル。

たとえば仮にもし、スタッフに託した仕事上で、思わぬアクシデントがおき、そこで彼らが判断を誤ったり失敗をしたとしても、それも含めて私たち(雇用側)は、会社の責任として受けとめているのだから心配はいらない、という姿勢です。

重複しますが、たとえばスタッフが、個々の至らぬ対応でお客様からご指摘を受けたとしても、その責任は仕事をまかせた私達「雇用側」にある、ということ。だからといって、無責任になられても困るのですが、私としてはこのような小さな会社・店だからこそ、あえてマニアル通りに教えこむことをせず、まずやってみたらいいよ、あとで直せばいいし。と思うに至りました。

まあ、言われた方は自分で決めていいと言われても困るし勇気いるし、マニアル通りの方が楽だし安全だしで、スタッフの立場では言いたいことも多くあるでしょうけれど(笑)、そんな不安や葛藤も含めて受けとめてるのだから、まずやってみたらいいと任せています。それは、お客様への「最善」を目指す限り、誰がどの選択をしても、どれひとつと不正解はないということ。もちろん誰だって自分の選択や行いには迷いがあり、そのせいで、他人に迷惑をかけたと思えば、とうぜん悔やむし落ち込むのですが、だとしても自分が選んだ正解には必ず賛同者がいることを、自信に思っていいと伝えています。

そんなわけで、何かが起きたとて、ことの責任を感じて猛省されるよりは、より早く次にむけて改善できるように、あなたの気づきや知恵をかしてくれませんか?と、いつもそんなふうに考えており、改善する余地に早く気づけたことが、むしろラッキーで、チャンス到来!なはず!(笑) そしてなにより、ブランドである花以想の「らしさ」を追求するのであれば、マニアルやルールブックに則るより、この姿勢を正しく保ち続けることの方がずっと大事なような気がしています。全てのスタイルは姿勢で決まる。私はそう考えています。

余談ですが、私はたとえ相手が子供でも、基本的に考え方も接し方も同じなので、日頃から子供に対しても怒ることがあまりなく(娘からもそう言われたので、そうなんでしょう)、なんで怒らないの?と聞かれたこともあるのですが、「だって起きたことはすんだことだし、それより『次、こうならないためにどうしよう』と考えたほうがよくない?」と答えたら「変わってるね」と言われました^_^;

まあそれはさておき、あらゆる失敗も無駄な時間も、「有る」ことが「あたりまえ」なのであるから、人であれ店であれ、変わる過程にしっかり向き合い、見守り、あせらず時を待ちたいと考えています。「期待はしていないけど頼りにしているよ」という接し方も、おそらく私独自のスタイルではありますが、これでいいかな、と思っています。

だいぶ話がずれましたが、もとい私たちのしごとにおいては、これからもスタッフとともに、よりよいサービスがお届けできるよう、ていねいな信頼関係をきずきつつ、日々いっしょうけんめいに努めていきます。そんなかんじです。 いつもありがとうございます。

信じて頼りにするから信頼。 信頼はシンプル。 

20150615174133-d6623c4b310dc456a67dcb7a166c0693e9d607cd.jpg

センスは察する力

しばらく寒い雨の日が続いていて、さむいさむいと籠っているあいだに、外では梅が満開になっていました。よい香り♪
20150126112951-cc07936fdf43a59b21def097e949484691c58bb4.jpg
さて、センスは察する力。のまえに^^「センスは知識からはじまる」とは、グッドデザインカンパニーの水野学さんの著書のタイトルです。「センスとは、数値化できない事象を判断し、最適化することである」と本書では説いています。なるほど納得。の内容でした。(^^)
20150126103219-9d6841518e756e894a03e332bca2c59ea322e55e.jpg
一方で「思慮」も「sence」と訳せる、と仰ったのはプロダクトデザイナー深沢直人さん。
「デザイナーの仕事は、突き詰めればつかう側の心地よさを『察する』こと」そんな言葉を、とあるインタビュー記事に残しています。なるほど、デザインとは「察すること、の先にある気づきのかたち」そんなことを思いました。
従来のマーケティングリサーチ(人の使い勝手や良し悪しや好みを知って、定量的に調査する)とはちがい、人が無意識にとる行動をそっと観察し、そこから人が必要としてることをエッセンスとして導きだし、デザインにしてかたちに残す。このような「気づかれないようにそっと手を差し伸べる」デザインセンスは、日本人こそが持ち合わせた唯一無二の感性だと思います。
そういえば、「『間』のような見えないものを見る力は、日本人のかけがえのない感性だ。」という、グラフィックデザイナー永井一正氏の言葉も思い出したりなど。
「思慮」とは人を思いやることであり、配慮があるということ、心をくばること。この視点でいうならば、いわば「センス」とは、相手が何を必要としているかに気づき、それをかたちに表すことで心の満足を導くことであり、それは「誰かの役に立つこと」である。
センスは察する力。いいですね。この気付きを得てはじめて、もっとセンスを磨きたい、そう思った1月26日。
手間を惜しまず、それをつかう人を思い、つくる仕事は尊いですね。いつでも尊敬しています。
20150126105047-5b413383a57a5525947c11d8299e6c19377e7bce.jpg
信頼は鏡 あなたを見れば私が映る
ウメ 花言葉「約束を守る」

20150121173005-593e3406bc30fd7355cddec5cc64f249d19ddc68.jpg
東京は今朝からちらちら、粉雪が舞いました。花びらよりも頼りなく、風に舞い散るそれをみて、昔の人は「六つ花」といい、その雪片を「風花」と称し、また香りのないそれを「不香花」と記しました。
空からおりてきた授かりものを「花」とたとえた日本人の感性とは、なんて耽美なのでしょう。御雪、雪花、銀の華。雪の異称にもいろいろありますが、どれも風情あり、知るほどにうれしくなります。
とはいえ北国に行けば、白さにみる清浄もご風流も通り越し、不便ばかりを強いる雪ですから、こんな心弾む、なんて言ったら笑われてしまうかもしれません。でもそんな雪がもたらす不自由も、あの冷たさの底には潤いがあり、喜びがまっていると思えば、あと少しならばと、じっと待ってみようと思うのです。
どんなに冷たくとも、寂しさを含んでいても、冬の空から降るものは、みんなみんないいのです。1月21日、大寒すぎて今日は雪。あいたいひとに、逢いたくなりました。
雪は天から送られた手紙である『雪』中谷宇吉郎
アマリリス 花言葉「誇り」