フラワーギフト専門店・お花の宅配・全国発送。四十九日・命日・還暦祝い・古希祝いに。自筆の手紙・同梱できます。

LINEでご相談・ご質問うけたまわります

Hanaimoについて

花を以って想い伝える

Hanaimo(はないも)は漢字で「花以想」と書きます。人間の中心には「心」があります。私たちは花を愛しますが、どんなに美しい花でも、花が人間の中心になることはありません。私たちの真にある「心」の現れが「想い」であり、それを伝えてくれるのが植物です。私たちは「花を送る」のではなく、植物の力を借りて「花を以って想いを伝える」花屋。この名に込めた想いです。お役に立てれば幸いです。
Hanaimo 店主 鈴木咲子

新しくなったHanaimoのロゴは、つくる花にも求める「美しさとバランス」を、控えめながら存在感あるフォントは「小さく強く」という私たちの姿勢を、そして「花を以って想いを伝える」という皆様への約束を現しました。

ブランドプロミス

人それぞれの違いは「らしさ」として受け入れる

私たちのお客さまは多くの方が、お花を贈るにあたって悩みや不安をお持ちです。それだけでなく、人それぞれ贈ることへのこだわりや、価値や意味合いもあります。私たちはそんな皆さまの「ちがい」を「らしさ」と受け止めて、おひとりおひとりの声に向き合うことを大切にしています。顔の見えないやり取りの中で、それは難しさを感じることもありますが、そこに向き合っていくのもHanaimoの「らしさ」です。

相手が「大切にしたいこと」を尊重する

「相手に失礼があってはいけない」と慎重になってしまう花贈りですが、Hanaimoは、花を贈るひと・贈られる人にとって「一番大切にしたいことは何か」に向き合います。
一般的なルールやマナーも大切ですが、「常識にとらわれすぎず」「大切にしたいことを尊重し」「相手を信頼する」ことを大切にしています。こうしたこだわりも、Hanaimoならではのスタイルです。

見えない声は想像する

必ずしも誰もが想いを言葉や形に表すことが出来るわけではありません。オーダーに記された言葉の向こうには、伝達しきれない心情があるものです。そんな見えない声も想像し寄り添うことも、私たちは大切にしています。

言葉は受けとめる人にあわせて使う

メッセージやお手紙は、拙くてもその人の言葉でしたためてほしい。なぜなら相手にとって「あなたの言葉はどんな例文よりも心に届く」ことを、私たちは知っているからです。言葉とは受け止める人のためにあるもの。従来のマナーも鑑みながら、お客さまにはお客様らしい言葉を使い想いを伝えていただけるよう、ご提案とお手伝いをいたします。

Hanaimoのパートナーについて

毎日日本全国へ花を届けてくださる宅配業者さん、花や資材を用意してくださる市場の方々、生産者、取引先の皆さま。私たちのまわりには多くの協力者がいます。自分たちの努力のみならず、こうしたパートナーに支えられていることでサービスが向上することを理解し、また感謝する心を決して忘れません。

お花を選ぶ

会社概要

会社名 株式会社Traudel(トラウデル)
代表者名 代表取締役  鈴木 咲子
事務所 所在地 〒111-0051
東京都台東区蔵前3丁目18-1 MKマンション1F
メールアドレス order@hanaimo.com
ホームページ https://www.hanaimo.com/

沿革

2002年 1月 hanaimo.comドメイン取得 開業
2002年10月 フラワーギフトHanaimo 通販サイト開設
2003年 1月 実店舗開店
2006年 通販事業に一本化
2007年 7月 株式会社Traudel 設立
2014年 3月 エビス大賞 日本経済新聞社賞 受賞
2014年10月 日本ネット経済新聞賞 CS(顧客満足)賞 受賞
2014年10月 オンラインショップマスターズクラブ(OSMC)OSMC感動通販賞 受賞
2015年 3月 実店舗「comete(こめて)」開店
ページトップへ