【供花・お供え・お悔やみの花なら】命日の花・一周忌・3回忌の お供え花の宅配|HANAIMO(はないも)

いらっしゃいませ ゲストさん

HANAIMO(はないも) > お供え花の贈り方

お供え・お悔みの花の贈り方

お届け先の自宅で飾っていただくお供え花の贈り方をご案内しています。ご注文も可能です。急なご訃報に接したとき、毎月の命日の花、故人が亡くなって1年以上たってからのお供え花などを、お届け希望日にあわせておつくりし、お届けしています。

上司のご家族や離れた親戚、小さな赤ちゃんを亡くされた方など、お届け先様にあわせて、お花の相談も承ります。最近では、ワンちゃんや猫ちゃんへのお供えのお花も、ご家族同様にお作りしています。

メッセージ・自筆手紙・同梱品とお届けできます

お客様各々のメッセージをお花といっしょにお届けすることができます。通常は既成のメッセージカードに印刷しておつくりしますが、お客様がご自身でご準備された、自筆のメッセージカード、お手紙をおつけしてお届けすることも可能です。また、お手紙だけではなく、予め郵送していただいたギフトとのお届けもしています。ご希望がありましたら、お気軽にお申し出ください。(注:金品・生ものは不可)

お祝いの花・フラワーギフト・お花のプレゼント・贈りものはHANAIMOへ
お供えに贈る花はこちら

13 件中 1-13 件表示 

一般的なお供えのお花

一般的なお供えのお花

おもにご自宅で飾っていただくためのお供え花をご用意しています。
お子様におくるお供えの花

お子様におくるお供えの花

「お供え花」であり両親への「お慰めの花」でもあります
ペットにおくるお供えの花

ペットにおくるお供えの花

ペットの花もご家族同様のお花を贈ります

お墓に飾る一対の花

お墓に飾る一対の花

お彼岸やお盆の時期に、左右一対で飾るお供え花です
急な訃報におくる花

急な訃報におくる花

突然の訃報に接したときのお供え花です
祥月命日・月命日の花

祥月命日・月命日の花

月命日は故人の好んだものや新しいお花をお供えします

一周忌法要に飾るお供え花

一周忌法要に飾るお供え花

亡くなった年の翌年に営まれる、はじめての祥月命日の法要です
新盆・初めて迎えるお盆に贈る花

新盆・初めて迎えるお盆に贈る花

東京は7月13日、地方は8月13日がお盆入りです
喪中はがきが届いたときの花

喪中はがきが届いたときの花

喪中のはがきが届いたら、そのタイミングでお花の手配をします

キリスト教のお花

キリスト教のお花

ユリの花など白い花を中心におつくりします
三回忌のお花

三回忌のお花

これから3年目を迎えるという意味の三回忌。色をつかった花がおすすめです
七回忌のお花

七回忌のお花

七回忌は真っ白ではなく明るめの色をおすすめします

十三回忌のお花

十三回忌のお花

三回忌からは真っ白ではなく明るめの色をおすすめします

13 件中 1-13 件表示 



忌日法要について

法要には「忌日法要(きじつほうよう)」と「年忌法要(ねんきほうよう)」があります。忌日法要とは、人が亡くなった命日から数えて七日目ごとにあります。初七日(しょなのか)・五七日(小練忌/しょうれんき)・七七日(四十九日)・百か日(ひゃっかにち)です。百か日を境目に、そのあとは「年忌法要」といいます。

年忌法要について

年忌法要は、一周忌からはじまります。一周忌は亡くなった年の翌年に営まれる、はじめての祥月命日の法要です。一周忌の翌年に営まれるのが三回忌で、「これから3年目を迎えますよ」という意味で三回忌と言います。 それ以降は、命日から数えて満6年目に営まれる七回忌・十三回忌・二十三回忌・二十七回忌・三十三回忌とつづきます。この時期に贈る花は、すでに年月も経てますあら、お供えの花というよりも、ご家族に対してのご挨拶、ねぎらいのお花として贈るほうが喜ばれるでしょう。

お供えの花・仏事・お悔やみのお花・贈りものはHANAIMOへ

葬儀に飾るお供えの花は、お葬式を担当している葬儀社にお願いする事が一般的です。葬儀社には、提携のお花屋さんが入っています。ですから、お通夜・告別式にお花を用意したいときは、まずは葬儀場にご連絡してみてください。

なお、最近では家族葬もふえ、ご遺族の意向で大げさな葬儀をしないケースも増えています。その場合、一般的なお花を飾るよりも、アレンジメントのようなお花のほうが、あとでご自宅に持ち帰ることができて、好まれることもあります。ただいずれの場合も、葬儀場やご遺族の意向を確かめてからの手配をおすすめします。

ご注文はこちら