お子さまのお供えに。花であなたの想い伝えます。心を贈る花ギフト|子供のお供花とマナー|花以想

いらっしゃいませ ゲストさん

花以想(はないも) > お供えに贈るお花 > お子様におくるお供えの花

お子様のお供え花

幼いわが子を亡くしたご両親、ご家族のお悲しみは計り知れません。お子様が亡くなられた時にお贈りするおくやみのお花は「お供え花」であると同時に、ご両親に対しての「お慰めの花」でもあります。これから先、皆様からの優しさと思いやりでゆっくりと悲しみが癒され、一日も早く笑顔が戻る日を願っておくりましょう。亡くした心の痛みが早く消えていくといいですね。

フラワーギフト お花のプレゼント お祝いの花 お供えの花

お届け時に気にかけたいこと

幼いわが子を亡くしたご両親、ご家族のお悲しみは、他人には計り知れません。ですから気をつかいたくても、どのような言葉をかけていいのか、どのタイミングで何をしていいのか、本当に悩みますよね。一般的ではありますが、こちらのコラムを参考にしていただければ幸いです。

とてもデリケート。お花を贈るときは慎重に。

今回のご訃報を人づてに知った場合、もとの情報がご遺族からのご連絡によるものなのか否かは重要なポイントになります。もし風のうわさで知らされたような場合、ご家族が公にされていない場合には、現状、人にはまだ知らせたくない、そっとしておいてほしい時期ということも考えられます。亡くなったのがわが子ともなれば非常にデリケートな事態。こちらの衝動的、一方的な思いでの行動は慎むようにします。ふまえてお花を贈る際は、できるだけ先方のご近況をお身内や近しい方に確認し、ご相談されながら手配をされることをおすすめします。

お花を贈るときの注意点

亡くなって間もない時期

亡くなって間もない時期にお花を贈る場合、ご両親やご遺族から知らされた訃報ではなく、人づてに聞いて知った場合は、お受け取りになる側の心情も察して、慎重にご手配されることをおすすめします。お花は仰々しくなく、またメッセージを添える際も、余計なことは書かず、お悔やみの言葉を添えるにとどめましょう。

回忌法要・命日に贈るとき

一周忌や三回忌などの回忌法要、またご命日にお花を贈ることは、ご家族にとって「我が子を記憶にとどめてくれている」というこちらの心の現れになりますので、きっと喜んでくださることと思います。みんな忘れていませんよ、という、ご家族への思いやりと、ねぎらいの気持ちをこめて、心のこもったお花をお届けしましょう。

ご注文はこちら

14 件中 1-14 件表示 






14 件中 1-14 件表示