褒章お祝いに。花であなたの想い伝えます。心を贈る花ギフト|綬章祝・叙勲の花とマナー・贈り方|花以想

いらっしゃいませ ゲストさん

花以想(はないも) > お祝いに贈るお花 > 綬章・叙勲におくる花

綬章・叙勲におくる花

日本の叙勲・褒章は、昭和39年の天皇誕生日に開始された春秋叙勲で毎年2回、春は4月29日付けで、秋は11月3日付けで授与されています。

国のために功労のあった人に授与される勲章には、最高位の大勲位菊花大綬章(だいくんいきくかだいじゅしょう)をはじめ、旭日章(きょうじつしょう)、瑞宝章(ずいほうしょう)、身近な各種褒章などいろいろあります。

春秋叙勲の選考の対象は、70歳以上、または55歳以上の方で、多年にわたり業務に精励した方ばかりです。ご本人をはじめ、ご家族の方にもお祝いの気持ちが伝わる、華やかなお花を贈りましょう。

フラワーギフト お花のプレゼント お祝いの花 お供えの花

綬章のお花を贈るタイミング

綬章決定後、お祝いの言葉だけ伝えた人が贈り物をする場合は、10日以内に届けるようにします。また決定後何日かたってから知った場合は、手紙、電話などでお祝いの言葉と共に祝いの花を贈ります。

綬章パーティーに花を贈るときの注意点

綬章パーティーにお花を贈るときは、あらかじめホテルや会場に「祝賀会の予約名称・開始時間」を確認しましょう。多くの方があつまる会場へのお祝い花は、あまり小さいと目立たないため、予算としては15000円〜30000円くらいの大き目の花をお勧めします。

「受賞」と「受章」の書き違いに注意

賞を受けることは「受賞」。賞を授けることは「授賞」です。おなじく勲章や褒章を受けることは「受章」。勲章や褒章を授けることは「授章」です。したがって、メッセージの中で使う場合は「『受』章おめでとうございます」となります。お祝いにメッセージなどを添える際は、この「受賞」と「受章」の書き違い、勲章、褒章の種類を間違えないように気をつけましょう。

ご注文はこちら

11 件中 1-11 件表示 


11 件中 1-11 件表示