会社移転にお花を贈りましょう|移転祝いの花・事務所移転のお祝いマナー・贈り方と花ギフト|はないも

いらっしゃいませ ゲストさん

HANAIMO(はないも) > ビジネスに贈るお花 > 移転祝いの花

移転祝いのお花

事務所移転のお祝いや、本社の移転祝いに。

フラワーギフト お花のプレゼント お祝いの花 ビジネスの花 胡蝶蘭

移転祝いは 企業の社屋や事務所が引越をした際に、ますますの繁栄を祈願しお祝いする慣習です。移転お祝いを贈るときは、先方のご移転が済んだ後、半月ぐらいのあいだに贈るようにします。

移転祝いの花の予算感

移転お祝いの一般的な予算は、20000円〜30000円です。一般的な胡蝶蘭3本立の花鉢を目安にしています。現在、企業間のお祝いでは、胡蝶蘭を贈りあうことが通例ですが、もっと自社らしくお祝いの気持ちを表したい、個性的な花で目にとめてもらいたい。というお客様も増えています。そのようなお客様には、このような華やかでボリュームがあるアレンジメントのお花がおすすめです。

事務所・移転祝いのお花・フラワーギフトはHANAIMOへ

移転祝いは「コーポレートカラー」で

コーポレートカラーは会社の理念やコンセプトが込められているもの。移転祝いの花をお届先の「コーポレートカラー」でお贈りすることは、他社から届く真っ白な胡蝶蘭の花の中にあっても、とても目立ちますし、慣れ親しんだ自社の色合いは、インパクトがあるのでとても喜ばれます。ぜひ御社ならではの粋な計らいを、お祝いのかたちにして届けましょう。

移転祝いの花につける「立て札」

移転祝いの花にたてる「立札」に記載するのは、差出し人(御社)の名前です。これは、お届先に花が届いたとき、たくさんある花が「どこから」届いた花か、明快にする目的を果たす「名札」の役目を果たします。代表者様同志、部署からお世話になった方宛てにお届けする場合は、「〜より〜様へ」の表記も一般的です。

事務所・会社移転お祝いのお花・贈りものはHANAIMOへ

移転祝いの花を贈るタイミングと注意

通常は、移転先での業務開始日以降、2週間以内をめどに贈ります。注意点は、挨拶状に書かれた日付に移転作業、業務開始が間に合わないケースがあることです。花を届けたものの、まだ移転先が工事中だったり、引っ越しがされておらず届けられないということもあります。必ずご注文前に、移転先での業務開始日を確認してから手配するようにしましょう。

移転祝いに一番人気は「インディゴ」

青は平和を象徴し慎ましさや誠実さを表す色。実は男性よりも女性に好まれる色です。お取引先の移転お祝いに、どんな色がいいか悩んだときには、誰からも好かれる青い花がおすすめです。

フラワーギフト お花のプレゼント お祝いの花 ビジネスの花 胡蝶蘭 

商品例:「爽やかにおまかせ・青系」3Lサイズ ※季節や仕入れ状況によって お花の内容は変わります

移転祝いにおすすめです「お祝い」を象徴する紅白の花

白い花と赤をメインにした紅白のお花。誰から見てもおめでたく、存在感は抜群です。移転祝いにも人気あります。

フラワーギフト お花のプレゼント お祝いの花 ビジネスの花 胡蝶蘭

商品例:「ことぶき」2Lサイズ ※季節や仕入れ状況によって お花の内容は変わります

名入り立て札・自筆手紙・同梱品とお届けできます

名入りの立て札作成は無料です。またメッセージも印刷しておつくりします。ほかにも、お客様がご自身でご準備された、自筆のメッセージカード、お手紙をおつけしてお届けすることも可能です。また、お手紙だけではなく、予め郵送していただいたギフトとのお届けもしています。ご希望がありましたら、お気軽にお申し出ください。(注:金品・生ものは不可)

お祝いの花・フラワーギフト・お花のプレゼント・贈りものはHANAIMOへ
ご注文はこちら