定年退職祝いにお花を贈るには

退職記念は、これまで私達を支えてくださったご両親、お世話になった方へ感謝を伝える記念の日です。退職されるご本人にとっては、いつかこの日が来るとわかっていても、いざ迎えれば寂しさもあり感慨深い日であることと思います。これまでの感謝とねぎらいの気持ち、これから迎える第二の人生にむけて、華やかな花をお届けしましょう。

差し上げる方が男性の場合は、花を贈るのにためらいもあるかもしれませんが、ご自宅で待つご家族も楽しんでいただくと思えば、お祝いですので明るく華やかな色合いの花がおすすめです。内助の功で支えてくださった奥様やご家族へのお礼の気持ちを込めてご自宅にお花を贈るのもよいでしょう。きっと喜んでいただけます。

長寿の祝いに花をプレゼントしたい

長寿祝いとは?

長寿祝いは「賀寿の祝い」ともいわれ「還暦」にはじまります。戦前は数え年で表示していましたが、戦後は満になったので、還暦祝いも今では満60歳の誕生日にお祝いされることが多くなりました。
ちなみに「数え」と「満」の違いは、数えは「生まれた瞬間1歳、お正月が来る度に1歳加算(12/31生まれは翌1/1に2歳とのこと^^)」で、満は「生まれた時は0歳で誕生日が来て1歳」です。
今は単純に 満60歳 満70歳 満77歳 満80歳などの誕生日に、長寿のお祝いをするケースが増えています。

長寿祝いといっても、今の先輩方々は本当にお気持ちが若いですし、年よりの扱いなんてしたら、怒られてしまいそう^^ そうはいえ、年長者への贈り物ですから、失礼があってはいけませんし、気を遣いますね。相手を敬う気持ちをそのままに、花の色や贈るタイミングなど、ポイントを押さえてご用意いたしましょう。ご本人はもとより、まわりのご家族までもが嬉しくなるような明るく楽しげなお花がよいと思います。節目ごとの象徴色もありますので、参考にしてみてくださいね。

長寿祝いっていろいろあるの?

長寿の祝いは、 還暦祝いが数え61才、古希の祝い=数え70才、喜寿の祝い=数え77才 、傘寿の祝い=数え80才 、米寿の祝い=数え88才、卒寿の祝 い=数え90才 、白寿の祝い=数え99才、百寿の祝い= 数え100才 です。
米寿を祝う88歳よりうえは、男女共に平均寿命を超えていますから、本当の意味で長寿の祝いと言えますね(^^)

いつまでに贈ればいいの?

お花を贈るタイミングですが、半月前頃から、当日までに届くよう贈ります。もし長寿のお祝い会がある場合に、当日参加せずお花を贈るときも、できれば遅くても会の前日までに届けるようにしましょう。また、長寿のお祝いは、ご本人の誕生日のほかに、敬老の日など、祝日でもよいとされています。

長寿の「象徴色」があります

還暦に代表される60代のお祝いのテーマ色は「赤」です。そして、古希や喜寿など70代のテーマ色は「紫」、80代は「金茶」「黄」とされています。
ただ、80歳をこえたお祝いは、色にこだわるよりも、華やかにお贈りするほうが、ご家族のみなさまにとっても、なにより思い出深い贈り物になるはずです。

長寿のお祝いには特に決まりはありませんので、ますます健康でいられるように、という意味でいつもより賑やかで派手めのお花を贈ってあげるものよいでしょう。

誕生日の花と花言葉が知りたい

生まれた日の花を贈りたい、好きな女性、または大切な方の誕生日にあわせて、誕生花や花言葉をもとに、お花を贈りたいと考える方も少なくないようです。ただ、本にある誕生日の花は、地味な野草や草木も多く、季節がずれて入荷が見込めないケースも多いんですね。ですので、気になったお花がある場合は、事前にお問合せされることをオススメします。お気軽にお声掛けくださいね。

卒園式で花をプレゼントしたい

もといた職場である幼稚園や保育園の卒園式に、先生からのお祝い花をご用意いたします。あのころは、まだあんなに小さくあどけなかった子供たちが、あっというまに大きくなって、ひと月後には大きなランドセルをしょって小学生。考えただけで感慨深く、うれしい気持ちに満ちますね。先生からのお花は、お父さんお母さんにとっても大きな喜びです。晴れやかな卒園式に、先生からの気持ちいっぱいのお花を、お届けしましょう。

本の上梓をお祝いする花について

出版記念お祝い・上梓記念お祝いって?

本が出版・上梓されたときに、宣伝をかねて行われるパーティ、講演会、セミナー、作品展、サイン会の会場あてに贈るお祝いのお花です。

お祝い花には熨斗(のし)のかわりに「立て札」をたてます。「御祝」などと書かれた赤文字部分を「表書き」といいます。 通常、出版お祝いのときには「御祝」「祝 御出版」とします。「祝 御上梓」でも大丈夫です。「上梓」とは「図書を出版すること」で、出版のお祝いのときに用いられます。
名札やメッセージカードのご用意も無料作成します。

出版記念お祝い・上梓記念お祝い、どうやったら送れるの?

出版記念パーティーや、記念サイン会の会場にお花をお届けしたい時、どんなことに気をつけたらいい?気になるポイントを3つあげてみました。

1.お届けは「開場1~2時間前」に届けます

出版記念のイベントやパーティーがある場合は、お客様がお越しになる「開場前」に届くように手配します。案内に「開場:14時 開演:15時」とあれば、花の配送時間は「12-14時」または「午前」が適切です。事前に、会場に問い合わせるとよいでしょう。

2.会場に飾るならアレンジ 手渡すなら花束がおススメ

受付や会場に飾っていただくことを想定した場合は「アレンジメント」が適切です。もし会場に直接出向ける場合には、本人に直接手渡しする花束も喜ばれるでしょう。出版記念のパーティー会場(ホテルなど)にスタンド花をお届けしたい場合は、予め会場に「スタンド花の搬入の可否」をご確認ください。

3.予算はどのくらい?

サイン会や小さな会場に送る場合は、5000~10000円程度がよいでしょう。ホテルなど、大きな会場に贈る場合は、20000円のお花が見栄えもしますのでおススメです。法人様が贈るお祝い花としては15000円が相場です。

自分の夢をようやくかなえたときに、思いがけず届くお花は、そのインパクトだけでなく、あなたの心遣いが一番うれしいものです。これからのご活躍に期待もこめて、いつまでも心に残る、忘れられないお花をお届けしましょう。

出産祝い花の贈り方

出産祝いを贈る時期は、赤ちゃんが無事に生まれた事を確認して母子ともに健康である事を確認してからお祝いを贈るようにしましょう。出産直後のお母さんは赤ちゃんの夜泣で朝と夜が逆転して、毎日が大変忙しくて疲れていることもあります。ですから出産祝いを贈るときは、当初は直接出向くよりも、宅配を使ったお届けをするほうが気が利いています。

また自宅に出産祝いのお花を届ける場合は、産院から戻られる日を確認してからにします。出産後、ご実家に里帰りをし、休養される方もいますので、花の届け先には注意しましょう。

 

綬章・叙勲について知りたい

日本の叙勲・褒章は、昭和39年の天皇誕生日に開始された春秋叙勲で毎年2回、春は4月29日付けで、秋は11月3日付けで授与されています。

国のために功労のあった人に授与される勲章には、最高位の大勲位菊花大綬章(だいくんいきくかだいじゅしょう)をはじめ、旭日章(きょうじつしょう)、瑞宝章(ずいほうしょう)、身近な各種褒章などいろいろあり、春秋叙勲での受章者は、毎回4000名ほどが選ばれ、褒章の受章者は、毎回800名ほどが選ばれます。

春秋叙勲の選考の対象は、70歳以上の者、または55歳以上の者で「精神的又は肉体的に著しく労苦の多い環境において業務に精励した者」または「人目につきにくい分野にあって多年にわたり業務に精励した者とされています。

勲章・褒章にはどんな種類があるの?

【勲章の種類】
大勲位菊花章(だいくんいきくかしょう)=旭日大綬章又は瑞宝大綬章を授与されるべき功労より優れた功労のある方への勲章
桐花大綬章(とうかだいじゅしょう)=国家又は公共に対し功労のある方への勲章
旭日章(きょくじつしょう)=功績の内容に着目し、顕著な功績を挙げた方への勲章
瑞宝章(ずいほうしょう)=公務等に長年にわたり従事し、成績を挙げた方への勲章
文化勲章(ぶんかくんしょう)=日本文化の発達に関し特に顕著な功績のある方への勲章

【褒章の種類】
紅綬褒章(こうじゅほうしょう)=「自己の危難を顧みず人命の救助に尽力したる者」に授与される褒章
緑綬褒章(りょくじゅほうしょう)=「自ら進んで社会に奉仕する活動に従事し徳行顕著なる者」に授与される褒章
黄綬褒章(おうじゅほうしょう)=「業務に精励し衆民の模範たるべき者」に授与される褒章
紫綬褒章(しじゅほうしょう)=「学術芸術上の発明改良創作に関し事績著明なる者」に授与される褒章
藍綬褒章(らんじゅほうしょう)=「教育衛生慈善防疫の事業、学校病院の建設、森林の栽培、水産の繁殖、農商工業の発達などに関し公衆の利益を興し成績著明なる者又は公同の事務に勤勉し労効顕著なる者」に授与される褒章
紺綬褒章(こんじゅほうしょう)=「公益のため私財を寄附し功績顕著なる者」に授与される褒章

出演者に花を贈るには

贔屓にしている役者さんやタレントさんに「応援してます!!」の気持ちをお届けしましょう。HANAIMOでは、あなたの「らしさ」をカタチにしてお届けするサービスをご用意しています。

たとえば、事前に郵送いただければ、自筆の手紙との同梱も可能です。楽屋見舞いとしてお届けしたいときに、おすすめです。ぜひご利用くださいね。ほかにも、本人の好きなモチーフやキャラクターを手作りマスコットにしたり、オリジナルのCDや冊子を花につけてお届けすることもできます。これを贈ればぜったい喜んでもらえる!と肌で解るのは、ファン冥利に尽きますよね。「こんなことできない?」というアイディアがあれば、いつでもご相談くださいませ。

個展お祝いに花を贈りたい

 

初めて開催する個展や展示会は、主催者にとってもドキドキのスタートですね。個展の内容は「水彩」「油絵」「草木染」「陶芸」「書道」「刺繍」と様々ですが、基本的な配慮としては、作品より主張しない気づかいを花にもしたいと考えております。

また、会場によっては花の大きさに制限があったり、設置を断られるケースもありますので事前に確認を取るようにします。個展や展示会の会場に、花を贈りたい、と思ったものの、どんなことに気をつければいいのか、ケース別の注意点をあげてみました。

小さなギャラリーで開催の個展

小さなギャラリーでの個展、展示会は、花を置くスペースがあまりありません。お届けする花が作品より目立つのはさけたい、という配慮も踏まえて、お花のご予算は5000~10000円(サイズ幅30~45 高30~65センチ)程度がおすすめです。またお花の色もコントラストの強い、派手な色は避けるようにします。

大きな画廊・デパートで開催の個展

大きな画廊やデパート内の会場で開催される場合は、予め会場に「花の受け取り可否」を確認しましょう。会場が大きいということは、来場見込みも多く、他からもお祝い品が届く可能性が高いため、花の大きさに制限があったり、お受取りそのものを辞退されることがあるからです。