緑寿(ろくじゅ)ってなに?

緑寿は66歳のお祝いです。長寿のお祝いは一般的には60歳を祝う還暦からはじまり、70歳、80歳、と年代ごとにお祝いし、それぞれに由来があります。しかし現代の還暦はまだまだ現役で、長寿のお祝いをするには抵抗がある人が増えました。

そこで日本百貨店協会が、統計上の高齢者区分とされる満年齢65歳を、人生の節目のひとつとして提唱したのがはじまりだそうです。

60歳のイメージカラーは赤ですが、おなじ60代でも緑寿の色は文字通り「緑」、若さと活力の象徴色です。最近では緑色の花も数多くみられますので、こんなブーケも商品になりました。ぜひお祝いにも使ってみてください(^-^)

【新鮮◎緑いっぱいブーケ】Forest(フォレスト)
https://www.hanaimo.com/fs/hanaimo/recommend/itm-st-midori

家族の「長寿のお祝い」は誕生日や敬老の日に祝うのが定番です

「長寿のお祝いっていつでしたっけ?」

ん??おかしな日本語ですが(笑)、いつでしたっけ(なんでしたっけ)にお答えしましょう。

長寿のお祝いは「賀寿(がじゅ)の祝い」ともいわれ、一般的には60歳を祝う還暦からはじまり、70歳、80歳、と年代ごとにお祝いし、それぞれに由来があります。

「40からは初老」なんて冗談めかして言う人がいますが、これももとは、奈良時代に中国からつたえられた風習に由来するもので、平安時代、四十歳の初老から十年ごとに祝われてきたことが、『古今集』にも残っているそうです。

長寿のお祝いは、お正月、誕生日、敬老の日にします。節目ごとの象徴色もありますので、参考にしてみてくださいね。

歳ごとの長寿祝い

還暦(かんれき) 61歳(現在は60歳で祝うことが多いです)
緑寿(ろくじゅ) 66歳
古希(こき) 70歳
喜寿(きじゅ) 77歳
傘寿(さんじゅ) 80歳
半寿(はんじゅ) 81歳
米寿(べいじゅ) 88歳
卒寿(そつじゅ) 90歳
白寿(はくじゅ) 99歳
百寿(ももじゅ) 100歳 

米寿を祝う88歳よりうえは、男女共に平均寿命を超えていますから、本当の意味で長寿の祝いと言えますね。

年代ごとの象徴色

60代 還暦「赤」
70代 古希・喜寿「紫」
80代「金茶」「黄」
90代「白」

80歳をこえたお祝いは、色にこだわるよりも、長寿をたたえ、華やかにお贈りするほうがおすすめです。とくに90代は供養の花と間違えられてはいけませんので、白い花は贈らないようにしましょう。

長寿のお祝いに花を贈るならこちら

お盆のお花を届けるタイミングは?

東京のお盆は過ぎましたが、8月は地方のお盆。お盆は毎年ありますが、「新盆」は故人の霊がはじめて家に戻ってくる日で、この日は故人の好んだお菓子や果物、あたらしいお花をお供えし、普段のお盆よりも丁寧にお迎えします。
.
お盆のお花は、盆入りの13日にあわせて届けます。お盆中はお届先が不在にされていることも多いので、事前にお花をお贈りすることをご連絡されるか、ご在宅日を確認するとよいでしょう。
.
なかなかあけない梅雨ですが、これからやってくる酷暑には、こんな涼やかな青系がおすすめです。涼を感じる青の花は、きっとご家族の気持ちもなごませて、やさしく癒してくれることでしょう(^-^)
https://www.hanaimo.com/fs/hanaimo/season-summer-bon-arm

思いやりが伝わる紫の花

紫は70代を象徴する色といわれ、一般的には70歳を祝う「古稀」に贈る色としても知られます。

また紫は、相手を大切にする敬意や、思いやりの心があらわれる色ともいわれます。一見地味にも映りますが、紫にはほかの色には見られない、落ち着いた雰囲気と華やかさがあり、HANAIMOでは、家族への感謝やお礼に贈る花として、特に人気の色あいです(^-^)

紫色の花のいいところとしては、周年をわたり個性的な花や品種に恵まれているんですね。ですから四季折々どんなタイミング、どんな方に贈っても、きっと驚きと喜びに満ちた、思い出に残るお花になること間違いなしです(^-^)

いつかまた、感謝を伝えたいときなどがあれば、ぜひこんな華やかな紫も、選んでみてくださいね(^-^)
https://www.hanaimo.com/fs/hanaimo/pickup-purple-ar-m

ペットを亡くした友達がいます。お花はどうすればいいですか。

ペットも家族。人と同等にうけとめましょう。

近年はペットも長生きで、その存在は家族も同然。自分の子供と同じように、可愛がっていたペットを失った悲しみは、それはそれは深いものであることでしょう。

ですから、ペットが亡くなったときに送るお花は、亡くなった相手が動物であっても、人と同等に受け止めてよいと思います。お花のお色も、我が子を亡くしたご両親のお気持ちに寄り添うよう時と同じように、小さな家族にふさわしい、可愛らしく優しい色合いの花が、お気持ちも癒されていいのではないでしょうか。

ペットにメッセージを添えるときのポイント

飼い主様はもちろん、亡くなったペットに向けてメッセージを添えるお客さまも多くいらっしゃいますので、参考例文をご紹介します。なお、お花をお届けする際の伝票の「お届先名」は、ペットの名前だけでは届きませんので、必ず飼い主の名前を書き添えるように注意しましょう。

ペットのお供え花にそえるときのメッセージ例文

「**ちゃん、お空の上でも、元気で笑っていてね」 「天国でも、元気に走り回って、楽しく過ごしてね」 「これからも、パパやママを、お空から見守っていてあげてね」

新盆(初盆)は四十九日が過ぎたあとに初めて迎えるお盆です

お盆の供養は毎年行われますが、新盆(初盆)というと、故人が亡くなってはじめて迎えるお盆をいいます。
.
新盆は「故人の四十九日が済んだ後、初めて迎えるお盆」のこと。ですから、人が亡くなり、四十九日前に「お盆」の日を迎えた場合は、その年には新盆の行事は行わず、翌年のお盆が故人にとっての新盆となります。たとえば、今年7月1日に四十九日を迎えたなら、この夏に初盆を迎えるということですね(^-^)
.
いずれにしても、お花は気持ちで贈るもの。どんなタイミングで送ったとしても、私たちはマナー違反とは思いません。
.
皆さんが相手のご家族やお友達のことを考えてのことですから、そのお気持ちは、きっと喜んでくださるはずです。大丈夫、必ず伝わりますよ。困ったときにはいつでもご連絡くださいね(^-^)

爽やかな青系はお盆の花にも人気です

人が亡くなってから初めて迎えるお盆のことを新盆(にいぼん)または初盆(はつぼん)と呼び、この日は故人の好んだお菓子やお花をお供えし、普段のお盆よりも丁寧にお迎えします。

お盆は、7月13日から行う地域と、8月13日から行う地域がありますね。いずれも13日から16日の4日間に行なわれますから、お花もその期間に届くようにしましょう。

青は平和を象徴し慎ましさを表す色として、男性ばかりでなく女性にも好まれる人気色。これからの時期は、お盆に送るお供え花としても、こんな爽やかな青系が人気です。
https://www.hanaimo.com/fs/hanaimo/c/funeral