手紙に使う用語について

あ 一統(いっとう):一同のこと。「ご尊家ご一統様」などと使う 御地(おんち):相手がいる地域をうやまっていう言いかた 愛顧(あいこ):ひいきにすること 遅ればせ:遅れてかけつける、の意味「遅ればせながら」など あいにく...

一周忌や三回忌について知りたい

法要(年忌法要)は、一周忌に始まり、一周忌は、亡くなった年の翌年に営まれる、はじめての祥月命日の法要です。一周忌の翌年に営まれるのが三回忌で、「これから3年目を迎えますよ」という意味で三回忌と言います。 以後、命日から数...

供花にお悔やみの言葉をそえるには

お悔やみの言葉を添えるときは、お通夜や葬儀・告別式と同様に言葉は短くします。お悔やみ言葉はご遺族に対し、悼む気持ちを伝えることに意味がありますので、こちら側のことなど余分なことは書かず、簡潔にします。 「このたびはまこと...

法要と法事について知りたい

法要とは、ご葬儀・告別式後、亡くなった方を供養する「追善供養(ついぜんくよう)」そのものをさし、代表的なものでは忌明け法要・月命日法要・祥月命日法要・初盆供養・回忌法要などがあります。  大きく分けると「忌日法要」と「年...

忌日(きじつ)法要ってなに?

仏教では、人が亡くなった命日から数えて7日ごとを忌日といい、7日ごとに行われる法要を「忌日法要」といいます。 初七日(しょなのか)法要 初七日は、正式には亡くなった日から数えて七日目に行う法要です。初七日の法要は忌日のな...