友人の個展祝いに

友人が個展を開くことになり
個展用の花を おまかせ でお願いしました。
個展用の花の注文は初めてでしたので、
自分では、どんな花を贈ればいいのか、まったく分からず、
経験豊富なお花の店の方に
ギャラリーと 出品される作品などを見ていただき、
おまかせでアレンジしていただくことにしました。 
 花の写真を見せていただいたとき、正直・・・私の嫌いな赤色だったので
Σ( ̄□ ̄lll ガーン! え! 赤!! ← こんな感じになってしまいました。。 
個展を開催した友人の知人に 花の写真を見せ、感想を聞いてみると
 「赤は今回の個展の題材に合った色で、
全体的な花の色を赤にすることで、作品よりも目立たず、
訪れた客が花よりも作品に目が行くように、ちゃんと考えられてアレンジされています。
この花を選びアレンジされたお店の方は、プロです。
それに、赤色は なにより 個展を開催した主が好きな色です。」
と知人が言っていました。
 知人が言ったことを聞いて、なるほど! と思いました。
もしも私が個人的に花を選んでいたら、個展の題材に合っていない 自分好みの花を贈っていたと思います。
花以想さんに おまかせして 大正解でした。
この度は どうもありがとうございました。
また機会がありましたら、どうか よろしくお願い致します。
20140225.jpg
Tさま このたびはお声掛けいただきありがとうございました。 はないも鈴木です。
個展祝いのお花のご注文、お色は「おまかせ」といただいておりましたので、こちらの判断でご用意させていただきましたが、事前にご相談をしてもよかったかと、反省しております。今回は、結果的にお届先様のお気持ちに叶いましたので、安堵いたしましたが、以後、気を付けてまいりたいと思います。貴重なご意見をお寄せいただき、ありがとうございました(^^)
ギャラリーのお届け、個展祝いのご用意になりますと、お届先のスペースへの配慮、作品に邪魔しない色合いなど、予測のつく範囲で気を配るよう、心がけています。たとえば、大きなアートスペースと、銀座あたりの小さなギャラリーとでは、ご用意するにふさわしいお花のサイズも変わってきます。百貨店内のギャラリーへのご用意についても同様です。
したがい、そのような場面でのお花のご希望がまたありましたら、ぜひいつでもご相談いただければ幸いです。適切なご提案ができるよう、私たちもさらに学びを重ねて、お待ちしております。
このたびのお花は、お花以上に、お心遣いが届いたことが何よりです。いつまでも思い出に残る花となりますよう、願っております。
このたびはお声掛け誠にありがとうございました。
今後とも花以想を、よろしくお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

47 − = 38

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)