手紙に使う用語について

一統(いっとう):一同のこと。「ご尊家ご一統様」などと使う

御地(おんち):相手がいる地域をうやまっていう言いかた

愛顧(あいこ):ひいきにすること

遅ればせ:遅れてかけつける、の意味「遅ればせながら」など

あいにく:折あしくという意味。折さえよければ…といったニュアンスを伝える言葉

あしからず:悪く思わないでください、という意味

慰問(いもん):苦しんでいる人を慰め見舞うこと

お繰りあわせのうえ:時間の都合をつける、という意味。「お繰りあわせのうえぜひご参会くださいませ」など。万障(ばんしょう)は「あらゆる差しさわり」のことで、なんとしてでもという強制的な意味があるため「万障お繰りあわせのうえ」というのは相手に対して失礼。

折り入って(おりいって):特別に心をこめて、の意味。「折り入ってお願いがございます」など

遺憾(いかん):残念に思うこと

遺志(いし):亡くなった方の生前の意志

賀正(がしょう):正月を祝うという意味

貴家(きか):相手の家・家族に対しての丁寧な言いかた。尊家(そんけ)も同じ

祈念(きねん):祈ること

寿ぐ(ことほぐ):言葉で祝福すること

酷暑(こくしょ):むごいほどの暑さ。ほかに大暑・炎暑なども同じ

謹啓(きんけい):謹んで申し上げるといういみでの頭語。「拝啓」よりもさらにていねい。結語は謹言・敬白などとする。

謹言(きんげん):つつしんで申し上げますという意味での結語。

鶴首(かくしゅ)してお待ち申し上げます:鶴のように首を長くして、待ち焦がれていること

健勝(けんしょう):からだが丈夫で元気なようす。相手の健康と幸せを祝ったり願う言葉。

高配(こうはい):相手の配慮をうやまっていう言いかた

厚情(こうじょう):情け深いこと。深い思いやり。「より一層のご厚情を賜りますよう」など

過日(かじつ):過ぎ去った日、先日のこと

厚誼(こうぎ):心からの親しいつきあいのこと

交誼(こうぎ):親しい交際のこと 「生前のご交誼に感謝し、」など

高誼(こうぎ):なみなみならぬ親しい交際のこと

公私(こうし)にわたり:仕事だけでなく、プライベートでも、という意味

幸甚(こうじん):とてもうれしいこと

敬白(けいはく):うやまって申し上げる、という意味の結語

吉報(きっぽう):おめでたい知らせ

薫陶(くんとう):徳で感化すること

愚察(ぐさつ):自分の推察をへりくだっていう言いかた

賢察(けんさつ):相手の推察をうやまっていう言いかた。「事情ご賢察のうえ、ご理解いただければ幸いです」など

急逝(きゅうせい):急に亡くなること

かねて:以前より、の意味

かかる:このような、の意味。「かかる結論となりました」など

休心(きゅうしん):安心すること「こちらは元気にしておりますので、どうかご休心ください」など

恵与(けいよ):与えられることを、へりくだっていう言いかた。「立派なお飾りをご恵与くださり」など

高聞(こうぶん)に達する:相手の耳に入ることを、うやまっていう言いかた。「母の病気入院がご高聞に達し、」など

恵贈(けいぞう):相手から贈られることを、へりくだっていう言いかた。「このたびはご恵贈品までいただき」など

灰燼(かいじん)に帰(き)す:すっかり燃えて跡形もなくなること「類焼により不運にも灰燼に帰しましたが」など

懇状(こんじょう):丁寧な手紙。相手から届いた手紙に対していう言いかた。

懇篤(こんとく):心がこもっていること「ご懇篤なる励ましをいただきまして」など

教導(きょうどう):教え導くこと。「今後もご教導くださるようお願い申し上げます」など

快諾(かいだく):快く承諾すること

ご足労(そくろう):来ていただくこと。「わざわざご足労いただき」など

加療(かりょう):治療をほどこすこと。「入院加療がいる大事とは知らずに、」など

冠省(かんしょう):前文省略という意味。前略に同じ頭語。

かたがた:かつ、ついでに、かねて、という意味。「報告かたがたお願いまで」など

祝詞(しゅくし):お祝いの言葉。「謹んで新年のご祝詞を申し上げます」など

術後(じゅつご):手術の後のこと

壮健(そうけん):若々しく健康なこと。健勝(けんしょう)に同じ。

寸書(すんしょ):自分の手紙をへりくだっていう言いかた「略儀ながら寸書にて、ごあいさつ申し上げます」などと使う。「とりあえず、寸書にてお祝いまで」など

清祥(せいしょう):清らかな幸せ

清福(せいふく):けがれのない幸福

清適(せいてき):相手が健康で無事なことを喜ぶ言葉

深謝(しんしゃ):深く感謝すること

全快(ぜんかい):すっかり元気になること

深甚(しんじん):とても深いこと。「深甚の感謝をこめてお知らせ申し上げます」など

職責(しょくせき):仕事の責任

精励(せいれい):一生懸命励むこと

辞す(じす):やめる、という意味

社命(しゃめい):会社の命令

受納(じゅのう):受けて納めること。「ご受納いただければ幸いです」など

自愛(じあい):自分のからだを大切にすること。「くれぐれもご自愛ください」など

賞味(しょうみ):美味しく味わうこと。ほめて味わうこと。

笑納(しょうのう):贈り物を受け取ってもらうときの、へりくだった言いかた。「つまらないものですが、笑ってお納めください」の意味。「素朴なもので恐縮ですが、ご笑納くださいませ」など

寸志(すんし):わずかなこころざし。自分の贈りものをへりくだっていう言いかた

寸簡(すんかん):自分の手紙をへりくだっていう言いかた

粗品(そしな):粗末な品。自分の贈りものをへりくだっていう言いかた

先(せん)だっては:先ごろ、この間

垂涎(すいぜん)の的(まと):あこがれの対象。垂涎はよだれをたらすこと。

順風満帆(じゅんぷうまんぱん):追い風に帆をあげて風邪をたくさんうけるという意味で、物ごとが順調にいく様子。

竣工(しゅんこう):工事が完成すること

僭越(せんえつ):身分や権限などをこえて、差し出がましいことをあらわす、へりくだった言葉

自愛専一(じあいせんいつ):自分のからだを大切にすることだけを考えるという意味

仄聞(そくぶん):うわさに聞く 人づてにちょっと聞く

小康(しょうこう):病気などが安定すること。「病勢は小康を保っておりますが、」など

災厄(さいやく):不幸な出来ごと

盛会(せいかい):会が盛り上がること。「ご盛会をお祈りいたします」など

造詣(ぞうけい):学問や技芸などを深く極めていること

ほど:具合、ようす、という意味。「ご都合のほどをお聞かせください」など

親(した)しく:直接に、という意味。「お父様に親しくお祝い申し上げたく存じます」など

先般(せんぱん):さきごろ、このあいだ

慚愧(ざんぎ)に絶えない:自分の言動を反省して恥ずかしく思うこと

遵守(じゅんしゅ):規則や約束を守ること

善処(ぜんしょ):事態に応じて適切な処置をとること

多祥(たしょう):とても幸せなこと。「より一層ご多祥でありますようご祈念申し上げます」など

他事(たじ)ながらご休心(きゅうしん)ください:心配に及ばない他人ごとですが、まずはご安心ください、というへりくだった言いかた。「こちらは元気にしていますので、~」などと使う

床払い(とこはらい):病気が治ること。床上げと同じ。「おかげさまで念願かなって床払いとなりました」など

大過(たいか):大きな過失、あやまち。「おかげさまで大過なく」など

賜物(たまもの):他者から受けた恩恵

つきましては:ついては、の丁寧な言いかた。そのことに関して、という意味。

同慶(どうけい):相手と同じように喜ばしいという意味

衷心(ちゅうしん):まごころのこと

頓首(とんしゅ):頭を地に着くように下げて恭しく礼をする、という意味の結語。謹啓、粛啓などの頭語をうける。

長座(ちょうざ):長居をすること

段(だん):~とのこと、の意味。「ご清栄の段お慶び申し上げます」など

賜(たまわ)る:もらうの謙譲表現。いただく、の意味。

何卒(なにとぞ):どうか、なんとか、という意味

拝察(はいさつ):推察することのへりくだった言いかた

拝読(はいどく):読むことをへりくだっていう言いかた「ありがたく拝読いたしました」など

閉口(へいこう):どうしようもなく困ること

不一(ふいつ):ひとつにならず、つまりまとまりがなく失礼という意味の結語。不備・草々に同じ

倍旧(ばいきゅう):以前にもまして程度が大きいこと

鞭撻(べんたつ):ムチ打つこと。励ますことをたとえてこういう。「ご鞭撻を賜りたく、お願い申し上げる次第です」など。

ひとえに:ひたすら、すべて、もっぱらという意味

ひとしお:ほかの場合とくらべて程度がますさま

ぶしつけ:礼儀をわきまえずに失礼なこと

病臥(びょうが):病気で寝てること。「病臥中はお見舞いをいただき、ありがとうございました」など

芳情(ほうじょう)相手のやさしい気持ちをうやまっていう言いかた。「格段のご芳情に、心からお礼申し上げます」など

はせ参(さん)じ:大急ぎでうかがうこと

拝送(はいそう):送ることへのへりくだった言いかた

伴侶(はんりょ):結婚のパートナー

芳志(ほうし):相手の親切な心づかいをうやまっていう言いかた

拝復(はいふく):日をおかずに返信するときに使う頭語。復啓・謹復はより丁寧な言いかた

復啓(ふくけい):日をおかずに返信するときに使う頭語。謹復に同じ。拝復より丁寧な言いかた。

配意(はいい):気くばりのこと。「格別のご配意に深く感謝いたします」など

ふつつか:ゆきとどかないこと ぶしつけなこと。「ふつつかな私ですが」など

不幸中(ふこうちゅう)の幸(さいわ)い:見舞われるほう(不幸があったほう)がつかう言葉。たとえ被害が小さくても、見舞うほうがつかうのは厳禁。

ふるって:すすんで、積極的に、の意味。「ふるってご参加ください」など

本復(ほんぷく)=病気が治ること 「一日も早く本復されますように」など

深傷(ふかで):酷いけがのこと

卑簡(ひかん):自分の手紙をへりくだっていう言いかた。「まずは略儀ながら卑簡にてお詫び申し上げます」など

みぎり:とき、ころ、おり、という意味

未曾有(みぞう):これまでに一度もなかった、という意味

末筆(まっぴつ):手紙の終わりの方に書く文句「末筆失礼ながら、」など

末(まつ)ながら:文末で失礼ですが、の意味

もとより:いうまでもなく。「ご本人はもとよりご家族みなさまには」など

満悦(まんえつ):満足してよろこぶこと「奥様のご満悦のようすがうかがえます」など

まで:だけ、の意味。「まずはおたずねまで」など

まずは用件(ようけん)のみ:以上用件だけ伝え、ほかのご挨拶は省いて失礼します、の意味。

由(よし):聞いた話や知っていることの内容。「皆さまにはご健康の由、お喜び申し上げます」など

隆昌(りゅうしょう):勢いが盛んなこと。とても栄えること。

略儀(りゃくぎ):略式の礼儀。本来は出向いて詫びるべきことなので、このような言葉をそえる。

落成(らくせい):建物が完成すること

履行(りこう):実行すること

私こと:私はという意味。儀礼的な手紙では、あえて文末(便箋の下方)において、へりくだった気持ちを表す

「御仏前」など表書きの書き方について

表書き(献辞)には何通りもありますが、供花を送るとき関係するものだけとりあげます。

御仏前(ごぶつぜん)

「仏様になった故人に捧げ供える」との意味合いがあります。仏教では忌明けまでを御霊と考えるので、その間にお花を送るときは「御霊前」とし、忌明け後は仏様になるとの考えから「御仏前」と用いられます。浄土真宗(本願寺派・大谷派など)に限り、「死者は逝去後即ちに仏様になる」との考えから、通夜・ 葬儀告別式にも用いられます。

御霊前(ごれいぜん)

「故人の御霊に捧げ供える」との意味合いがあり、仏教・神道・キリスト教に共通して使用出来ます。 なお、キリスト教の場合は「故人は御霊(魂)となって召天する」との考えから、法要(命日祭・召天記念式)においても用いられますが、仏教では、忌明けをもって故人は成仏するとの考えから、忌明け法要後には御霊前は用いられません。ただし仏教の浄土真宗(本願寺派・大谷派など)では、「死者は逝去後即ちに仏様になる」との考えから、御霊という観念がないため用いません。

御神前(ごしんぜん)

「神様になった故人に捧げ供える」との意味合いがあり、神道の法要(神霊祭・式年祭)の際に用いられます。神道では「忌明け(忌明け祭)をもって故人は神様になる」との考えから、忌明け後の法要に用いられます。

御香華料(ごこうかりょう)

「お香や供花に代えて」との意味合いがあります。古くは各家に伝わる先祖伝来のお香や、自家に咲く花を持ち寄って故人に手向けたことの名残です。なお、あくまでお香と供花に代えてとの意味合いから、別途に供花をする際には用いません。

初盆(はつぼん)は「四十九日のあと」です

初盆っていつ?というお問合せが、今年も多くありました。亡くなった人にとっての初盆(はつぼん)は、故人の四十九日がおわって、初めて迎えるお盆のことをいいます。

人が亡くなり、四十九日前に「お盆」の日を迎えた場合は、その年には初盆の行事は行わず、翌年のお盆に初盆を迎えます。

たとえば、亡くなったのが6月末の場合、8月の月遅れのお盆でも、その頃はまだ「忌明け前」にあたるため、お迎えしたくても、故人は「冥途の途中」にいるわけですね。それはまだ、成仏されていないと考えられる時期なので、新盆は翌年に行うということです。

同様に、四十九日(忌明け法要)を7月1日に迎えたなら、この夏が新盆になります。

お盆の花は、盆入り13日にあわせて届けます。盆中は届先が不在なことも多いので、事前に在宅日を確認すると確実ですね。

お盆の花を贈りましょう

新盆って何をするの? お盆の過ごし方

「新盆供養はていねいに」なんて聞いたことがあるけれど、実際どんな風に過ごせばいいの?そんな???を抱いた人もいるのではないでしょうか。

お盆の過ごし方には宗教や地方によって違いはありますが、一般的には七月盆、八月盆とも、12日までにお迎えの準備をします。お供え物も、12日までに準備を済ませておきます。新盆の場合は、白い提灯(近親者)行灯などの盆提灯も用意します。

なお、新盆で、親戚や知人から、お供えのお花や供物を「御供」「ご仏前」としていただいたときは、「新盆供養」として引きものをお返しします。

13日(迎え盆)

お供え物、お花、お線香、ろうそく、提灯などを用意します。
仏壇から盆棚に位牌を移します。
霊供膳(れいくぜん)=ご霊前・ご仏前にお供えする小型の御膳や仏具、お花などを供えます。

「迎えは早く、送りは遅く」といいます。ご先祖のお迎えは早くにしましょうということで、お墓参りは午前中にしましょう。

夕方には、ご先祖を迎えるための「迎え火」を焚きます。迎え火は麻幹(おがら)を炊いてご先祖をお迎えします。

14日 15日

この二日間は、朝昼晩、家族と同じ食事をお供えします。

僧侶の方に読経をお願いします。新盆法要に場合は、近親者を招き、新しい仏様をむかえて供養します。

16日

16日の夕方に、家の玄関先などで送り火を焚き、ご先祖様を浄土に送ります。

 

今の時代、さまざまな慣習や行事が簡略化されてきましたが、相手を思う気持ち、うやまう心はどの時代にあっても変わらないと思うんですね。いまどき、何においても、大げさである必要はないと思いますが、ときには、せめてもの気持ち「お元気ですか」の気持ちをこめて、ご挨拶を贈ってみてはいかがでしょうか。

お盆の花を贈りましょう。

 

一周忌や三回忌について知りたい

法要(年忌法要)は、一周忌に始まり、一周忌は、亡くなった年の翌年に営まれる、はじめての祥月命日の法要です。一周忌の翌年に営まれるのが三回忌で、「これから3年目を迎えますよ」という意味で三回忌と言います。 以後、命日から数えて満6年目に営まれる七回忌、同じように十三回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌とつづきます。

一周忌(一回忌)=満1年目 三回忌=満2年目 七回忌=満6年目 十三回忌=満12年目 十七回忌=満16年目 二十三回忌=満22年目 二十七回忌=満27年目 三十三回忌=満32年目 祥月命日(しょうつきめいにち)

故人の亡くなった月日を「命日」とよび、毎年めぐってくるその同じ月日のことを「祥月命日(しょうつきめいにち)」といいます。また、毎月の命日と同じ月日を「月命日(月忌)」と呼びます。 祥月命日は、特に人を招いたりはしませんが、仏壇に故人の好んだもの、供物や花を供え、お寺様をお迎えし、ご家族でお参りをします。

一周忌(一年目)

亡くなった翌年の同月同日(祥月命日)に行う法要が一周忌です。近親者や故人と親しかった友人・知人を招き、比較的盛大に営みます。  

三回忌(二年目)

一周忌の翌年、つまり満二年目に行うのが三回忌です。これから3年目を迎えるという意味で三回忌といいますので、二回忌とは呼びません。  

三回忌以降の法要

三回忌以降の法要は、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十五回忌、二十七回忌、三十三回忌、三十七回忌、五十回忌、百回忌とあり、以後は五十年目ごとに営みます。たくさんの人を招いて法要を行うのは、一般的に一周忌と三回忌まで。しかし何年たっても故人のご命日は、ご家族にとって特別な日に変わりありませんから、ぜひ「故人との思い出」を慈しむ気持ちで供養しましょう。 

お悔やみの言葉とは何ですか?

お悔やみの言葉とは何ですか? お悔やみの言葉とは、「ご愁傷さま(ごしゅうしょうさま」「お気の毒さま(おきのどくさま)」といったご不幸のあった人に同情や慰めの意味を込めて呼びかけるときの挨拶です。

お悔やみの言葉はいつ使うの?

お悔やみの言葉は、お通夜や葬儀・告別式では受付で香典を渡すときに伝えます。会場内で伝える場合も、式の進行の邪魔にならないように、言葉は短く述べますが、これは必ずしも遺族に近寄って言葉をかけなくてはならないものではなく、焼香の際の黙とうだけでも構いません。 

供花にお悔やみの言葉をそえるには

お悔やみの言葉を添えるときは、お通夜や葬儀・告別式と同様に言葉は短くします。お悔やみ言葉はご遺族に対し、悼む気持ちを伝えることに意味がありますので、こちら側のことなど余分なことは書かず、簡潔にします。

「このたびはまことに突然のことで、心よりお悔やみ申し上げます。」

「この度は、思いがけない事でございました。さぞお力落としのことかと拝察いたします。心からお悔み申し上げます。」

お手紙の文章にする場合は、以下のようにしても良いでしょう。

「このたび**様のご訃報にふれ、謹んでお悔やみ申し上げます。心ばかりですが、お花を送らせていただきました。ご霊前にお供えください。まずは書中にて、**様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。合掌 ****」

法要と法事について知りたい

法要とは、ご葬儀・告別式後、亡くなった方を供養する「追善供養(ついぜんくよう)」そのものをさし、代表的なものでは忌明け法要・月命日法要・祥月命日法要・初盆供養・回忌法要などがあります。 

大きく分けると「忌日法要」と「年忌法要」があります。人が亡くなってからの日数の数え方は、亡くなった命日から数えて七日目ごとにかわり百か日(ひゃっかにち)までが「忌日法要」で、百か日を境目にして「年忌法要」へと変わります。ちなみに、49法要、49日法要などと書くことがありますが、正しくは「四十九日法要」です。

法事とは、上記の追善供養の後席の会食まで含むものをいいます

 

供物(くもつ)や供花(くげ)の送り方が知りたい

ご葬儀に際しては、遺族と悲しみを共にする気配りや振る舞いがなくてはなりません。そのため服装の一つからご挨拶の言葉の端々にも、心から哀悼を表すこころくばりが何よりも大切です。こうしたことから、弔慰金やお供物を持参するにも、自ずから厳粛かつ礼節を重んじたマナーが求められます。

お供物について

葬儀・告別式では、弔慰金とは個別に献花(又は、供花=くげ)と言って、花輪や樒(しきみ)及び生花をお供えします。式場の都合や故人の遺言、又は遺族の思い入れなどによっては、献花を辞退される場合もありますので、念のため先方に確認しから用意するようにします。 法要時には供物(くもつ)といって、霊前(佛前)に干菓子や果物などを持参してお供えしますが、この場合は出来るだけ日持ちのするものを贈るように心がけます。生前に故人が好んで口にしたものをお供えするのもよいでしょう。その他にも、線香やローソクなどをお供えします。 

忌日(きじつ)法要ってなに?

仏教では、人が亡くなった命日から数えて7日ごとを忌日といい、7日ごとに行われる法要を「忌日法要」といいます。

初七日(しょなのか)法要

初七日は、正式には亡くなった日から数えて七日目に行う法要です。初七日の法要は忌日のなかでも特に大事な法要で、近親者、故人と親しかった友人・知人を招きますが、近ごろは本葬が終わった後に引き続いて営むこともあります。  

五七日(いつなのか)法要

五七日は小練忌(しょうれんき)ともいい亡くなってから35日目です。地域や宗派によってはこの日を忌明けとして、初七日と同様の法要を営むこともあります。  

七七日(四十九日)法要

七七日は、忌日のなかでも重要な日です。この日をもって忌明けとする場合が多く、納骨、埋骨もこの法要で行うことが多くなります。  

百か日(ひゃっかにち)法要

百か日とは亡くなってから、ちょうど100日めにあたる日が「百か日」で、正確には「ひゃく日忌」と言い、「卒哭忌」とも言われています。そこには「どんなに親しい人が亡くなっても、嘆き悲しむのは百箇日で終わり」という意味があります。 七七日の法要以後は、百か日を迎えるまで、特に大きな法要はありません。百か日法要は一段落し、この後は一周忌からの年忌法要となります。