はないも店主より 11月21日

立冬も過ぎ、街の景色にも落ち葉が散り敷く頃、ものみな色が消え、黄昏れゆく季節になりました。朝夕もずいぶん冷え込ぬようになりました、お元気でいらっしゃいますか。

街にでれば、すでにクリスマス一色。あとひと月でクリスマス、今年もあと40日ですって。いつからでしょう、こんなにも一年が過ぎるのを早く感じるようになったのは。

一年どころか、あの日のあの出来事はいつだったかしら?と思い起こすと、すでに3年も4年も前のことだったりして、思えば以来、お会いしてないのだなあと懐かしんだり。

便りがないのは良い便り、なんていったものですが、けれど歳も重ねますと、あとからの知らせに驚かされたり、ご訃報に心を痛めたり、案じることも多くなりました。この頃は命日・喪中のお花のお届けも続いており、私達にとっては特に想い入れのある、そんな季節です。

しかしながら、このような仕事をしてるにもかかわらず、私自身、友人や家族に対して、日頃の恩を贈ることが出来ずにおり、皆さまからのご注文を受け止めながら、自身の不義理をいつも省みます。

家族、友人、先輩、そのご家族の方たち。いつもこの胸の奥で、私を支え助け、励まし、見守ってくださる方たち。暮れが近づくにつれ、どうぞあなたとあなたのご家族においても健やかでありますように、心から願っています。便りがないのは良い便り、きっと。どうぞお元気で。

 

はないも店主より 11月15日

立冬も過ぎて、急に寒さが身に染みると感じられるようになりました。お元気でお過ごしですか。このころになると、世間ではクリスマスのデコレーションやディスプレイがはじまったり、ウィンターズギフトやアイテムの予約がはじまったり、町も人も、一気に冬の装いです。

 

さてわたし達も、ささやかながらクリスマスの贈り物をご用意させていただきました。気持ちとしては、お忙しくしてる方や、お一人暮らしの方、「元気にしてるかしら?」と思い出すような方に、季節のごあいさつのようにして、贈って頂けたら嬉しいです。

 

こんなこと言っては身も蓋もないんですが、私個人としては、贈りものって特にお花じゃなくてもいいよねと、常々思っているんですね。世の中には可愛いもの、素敵なもの、美味しいもの、お手頃なもの、選びきれないほどのギフトやプレゼントになるアイテムはあって、見れば見るほど、自分でも欲しいくらい!って、私もいつも思うんです。ホントにどれも素敵でしょう?

 

そんなときに私としては「是非とも花を!」とは思ってないんです。これはスタッフにも言うのですが、もし私たちのお客さまが、たくさん悩んだ結果選んだものが花ではなかったとしても、相手にその人の想いが伝わるなら、それが正解と思うのです。必ずしも相手を喜ばせるものが花であるとは思わないし、花である必要もないと思ってる。ただ私は「花にだから出来ることがある」とは信じているんです。「花にしか伝えられないことがある」し「花だから伝えられる想いがある」と心から信じてるのです。

 

HANAIMOは漢字で「花以想」と書きます。その字のとおり「花を以って想い伝える」という意味です。私たちのしごとは花を「届ける」ことそのものではなく、人の心に寄り添い、その想いを花で「伝える」こと。

 

出来ることはたったそれだけなのですが、でも私はこの名前と仕事に、誇りを持っています。

はないも店主より 11月7日

いつもHANAIMOをご利用いただきまして誠にありがとうございます。

清々しい秋晴れが続いていますね、お元気ですか。 早いもので11月も5日が過ぎ、明日8日は冬の入り口「立冬」をむかえます。やっと秋も深まってきた今ごろですが、暦の上ではこの日から冬です。

 

朝夕もずいぶん冷えるようになり、私もここ最近は、自宅で読書や映画を見て過ごすことが多くなりました。もともと出不精ではあるのですが、秋はそれも肯定されるような時間が与えられてる気分、ひとりで過ごす秋の夜は、いつよりも贅沢に思えます。

 

晩秋夜長、そちらではいかがお過ごしでしょうか。ご家族みなさまともに暖かに、くれぐれも風邪などひかぬようご注意くださいね。

 

鈴木咲子

はないも店主より 10月31日

10月も最終日。お元気でお過ごしですか? それにしても10月は、東京においても例年以上に雨の多いひと月でした。晴れたり降ったりの毎日でしたから、なんだか秋の名月も、色を深めていく草花も、うっとり眺めたなんて記憶がないほどです。そんな日々でしたから、あのキンモクセイの香りは、まるで晴れの日に降ると約束された、恵みの雨のようでした。

 

それにしても2度の台風、その後の大雨、ほんとうに、地球の悲鳴を聞いてるような暴れようには恐怖を憶えました。今なお続く、被災地で不安な日々、現実と向き合っている方々をおもえば、一日も早く平穏な日常が戻ることを願ってやみません。

 

あなたのご家族やお友達はご無事ですか。その後いかがお過ごしですか。お元気になったかしら。こうして全国に花を届けていると、年中そんなことを考えています。自然相手に心配も尽きませんが、でもこうして人を想えるのだから、おかげさまで幸せなしごとです。

 

いつもありがとうございます。11月も、あなたにとってよいひと月になりますように。

 

鈴木咲子

はないも店主より 10月24日

お元気でお過ごしですか?東京も朝夕にずいぶん寒さを感じるようになりました。

 

キンモクセイが漂う季節ですね。やっと秋に親しみだした頃だというのに、花の市場では早くも、クリスマス、年末年始にむけて、着々と準備がはじまっています。あっという間に年末です。笑

 

そう、11月にもなれば、もう春の花がはいってくるんですよ。花屋の花のシーズン(旬)は、世間で知られるより2か月早く、外に咲くより2か月早く終わるんです。ですからチューリップやスイトピーも、3月を待たずに12月にはお目見えです。とはいえ、春の花のいちばんいい季節は年明け。一番いいころに、またお知らせしますね。それまでゆっくりお待ちください。

 

 さて第4週の ご案内は、次月を前に、お誕生日のおすすめをお届けします。11月の色はオレンジ。まもなく見ることができる紅葉も楽しみですね。風邪などひかぬよう、お気をつけてお過ごしください。いつもありがとうございます。

 

鈴木咲子

 

はないも店主より 10月16日

お元気ですか。私は今日、今年はじめて金木犀の香りに出会いました。東京も朝夕には冷えを感じるようになり、このまましっとりと、秋が深まってくれたらいいのにと思います。

 

日に日に明るみになる被災地の様子に心を痛めています。

 

 

被害にあわれた方々とそれを見守るご家族の悲痛には遠く及びませんが、自分にも家族がいて、友人がいて、お世話になった方がいて想いを馳せれば、どうしてそれが他人ごとに思えるでしょう。

 

どうか、あなたのご家族やお友達、大切な方達においては、平安な日々でありますように。そして、被害にあわれた方たちが、一日も早く通常の暮らしに戻れることを、心よりお祈りしています。

 

 

お元気でいてくださいね。またお力になれることがあれば、いつでもご連絡ください。

 

いつもありがとうございます。

 

鈴木咲子

はないも店主より 10月13日

東京は台風一過、嵐も去り、天心着くような高く青い空が広がりました。お変わりなくお過ごしですか。ご家族、お知り合い、お友達は、ご無事でしたでしょうか。

このたびの台風の影響で被害にあわれた皆さまには、心よりお見舞い申し上げます。

いまや花屋としても、自然災害は各地どこで起きても他人事ではなくなりました。このように通販してるとなお、全国各地にいるお客様の安否が気になり、ニュースを見るたび、ほんとうに遣り切れません。

HANAIMOの商品につきましても、悪天候などにより遅配の可能性がある場合、あらかじめお客さまには、お電話またはメールでご連絡することにしております。

内容としましては「当日届かないならキャンセル or 日時変更OK」というお伺いです。

時にはタイミングが合わなかったり、行き違いが発生して住まうなど、結果としてご期待に添えないこともあり申し訳なく思っております。

しかし姿勢としましてはできる限り早めに判断することをし、「お花を届けること」に執着せず、「お客さまにとって、何が最善で適切か」を優先するよう、スタッフにも伝えております。

ですからどうぞ、ご注文後であっても、ご心配やご不安があったときには、ご遠慮なくご連絡ください。

またそういった背景を鑑みて、可能な限りお客さまともコミュニケーションをとること、取れる手段を増やそうと思い、先日よりLINEを始めました。

ぜひこちらもご登録いただき、便利に使っていただければ幸いです。

http://nav.cx/cKhRDlq

皆さまのご安全を、心よりお祈りしております。

鈴木咲子 拝

はないも店主より 10月9日

秋晴れと残暑の日射しが入り混じる 今日この頃、いかがお過ごしですか。

 

月並みですが読書の秋です。読書家ではないですが、大切にしている数冊をいつもカバンの中や枕元、手元においています。一冊は俳句歳時記。20歳を過ぎてまもなく、立ち寄った本屋で手にしたものでした。日本語の美しさに心打たれたのもこの頃。ほかに数冊、なかには友人に勧められた一冊も携えます。本を開くたび、ひとつひとつの出会いを思い出しながら、確かめながら、ことしも秋を歩み進めています。

 

今週はおすすめの本のご紹介も。なかなかゆっくり本を読む時間もないですが、花屋のかたわらで、本屋もしてみたいなあと思う秋の頃です。

はないも店主より 10月3日

爽やかな空気に秋の深まりを感じる頃になりました。お元気ですか?昨晩の東京の夜空には、きれいな三日月が見れました。秋は月といいますね。秋の月といわれては満月ばかりを思い浮かべていましたけれど、ああこんな細い月も、風情があっていいものだなあと、嬉しく眺めました。

 

そう、このお便りを書くようになってからも嬉しいことがありました。それは、名前を見れば今も懐かしく、思い出される皆さまより、お返事が届くようになったこと。

 

当時、あんなお花お届けしたなとか、そうそう、あんなことがあったよねとか、いろいろ思い出されて、そのたびに、皆さんにお会いできて、本当によかったと思うこの頃です。実際にはお会いしたことは無いのですけれど(笑)。でも、頂いたご縁に感謝できることがとても幸せです。またいつかお役に立てれば嬉しい限り。

 

お元気でいてくださいね。いつもありがとうございます。

 

心より感謝をこめて。

 

8月 お盆ですね

こんにちは!

皆さんお元気にお過ごしですか。

Hanaimo(はないも) 森です。

 

お盆に入りました。

お盆にはたくさんのお花をご注文いただき、ありがとうございました。

お届け先様には無事にお花が届きましたでしょうか。

 

Hanaimoもお盆のお花の出荷が一段落しまして、

のんびりムードが戻ってまいりました。

 

今日は少しだけお盆のお花について豆知識を。

 

お盆にはご先祖様や、旅立った大切な方がこの世に戻り、

家族とご一緒に過ごす期間とされております。

いつもお花を飾ったり、仏壇を整えたり、お菓子や果物でお迎えしますね。

仏教では 香・灯・花 が仏様に御供する基本なのだそうです。

お花やお線香、提灯は 霊を供養するためのお供え物です。

 

お花は仏様の尊さを伝えるもので

ご遺族の心の慰めや、こころの清めにもなるそうです。

 

お盆に御供するお花は白が基本となりますが、

白色の中にブルーや紫、黄色などを混ぜてお作りするのが主流となっております。

故人のお好きだったお花や、

ご遺族の気持を和ませるようなお花をお届けするのも良いでしょう。

そのまま飾れるアレンジメントがお勧めです。

 

また、ご仏壇やお墓にお供えするお花は

花立てが左右対称になっていることが多いため、花束を対でご用意するとよいでしょう。

1つの花束には奇数のお花で。そして2束(対)でご用意します。

匂いのきついお花はお部屋に匂いがこもってしまうので不向きです。

手間のかからず、長く飾れるお花を、お花屋さんと相談して選んでみましょう。

 

一番大事なのはご先祖様を、大事な方を供養する気持。

それぞれに気持のこもったお花を御供しましょう。