「花の画像サービス」についてのお話です

HANAIMOの独自サービスのひとつ「花の画像送付」は2002年の開業以来、ずっと変わらず続けているサービスです。開業当時「もし自分が花をネット注文をするとしたら、一番欲しいサービスは何だろう」と考えたとき、真っ先に思い浮かんだのが「届けた花がみたい」でした。

当時は今よりもご注文数も少なく時間もあったので、お客様にとって嬉しいであろうサービスを増やすことは容易でした。しかしあるタイミングでHPのリニューアルをするとなった際、この「花の画像サービス」を載せるかやめるか、一瞬考えたんです。

今後も継続するなら載せるけれど、本当に続けられるの? それは今の数倍のご注文になっても続けるという「意思決定」を表します。大変になったからもうやめる、とはいかない。それでもやるの?と。

でも正直、続けることには迷いはなかったんですよね。なぜなら「自分だったらほしい」から。

やっぱり一番知りたいじゃないですか。顔も見たことない、きいたこともない、たまたま見つけた花屋に、贈答品をおまかせするのです。結局どうなったのか、要望は伝わったのか、ちゃんとやってくれたのか、お届け先に失礼はなさそうか。期待したセンスはあったのか、自分を信じてよかったのか、知りたいし、なにより安心したい。

情報も少なかった20年前は、今のようにレビューもなく、頼りになるのは自分の勘だけでしたし。

私自身も意外と?慎重なので、今でもお客様の心配や不安は自分ごとに思えることは少なくありません。しかしこの仕事をしているうえで、それは幸いでした。仕入れ担当の鈴木もそうですし、受注と画像送付を担う福島や森、そして制作担当たちも、私はともかくHANAIMOのスタッフは皆、正義感が強く誠実です。

ひとつのお花の出荷にも、欠かせない工程がいくつもあるのですが、なかでもこの「花の画像サービス」は、気が抜けないフローになっています。

数あるお花すべての画像を撮り、漏れなく記録する。もし名札の間違いがあっても、要望との相違があっても気づける、そんな最終チェックも兼ねています。それがすんでから、公平に画像を送付する。

10件でも30件でも50件でも母の日でも同じフローです。故の事後報告になっています。本当は、事前にお知らせして差し上げたいのですが。

しかし、そんなジレンマは私たちがもっと信頼できる花屋になることで、乗りこえたいと思っています。

近頃では、ネット通販に感じてらっしゃる、皆さんの不安を安心に変えることができるなら、という思いでSNSも使いはじめました。実際にご利用いただいたお客さまからのお声と実際のお花を紐づけて投稿しています。また日々入荷しているお花の紹介も。

これを「花」を「手紙」に置き換えますと、

「手紙の書きかた」が解らない人に「書き方」を教えるのではなく、気持ちを伝達する方法として、そのひとつに「手紙」もあることを発信しています。そして実際に「手紙」を書いてみたらこうなったという実体験を、皆で共有しているのです。

今の気持ちを伝えることが出来るのは、手紙かもしれないし、手紙じゃないかもしれない。花かもしれないし、花じゃないかもしれない。

選択肢は他にもあるけれど、でも手紙(花)でも、こんなふうに気持ちが伝わるんだだよ。と、そんなシェアをしています。

https://www.instagram.com/hanaimo/

私たちがSNSを使う目的は明確にあり「花は想いを伝える」ということを、一人でも多くの方に知っていただくことです。

そんなスタンスなので、同業者のSNSにくらべると、オシャレ感・映えには欠けてるとは思います。でも、ぜひご興味をいだいていただけたら、ご覧いただきたいですし、フォローもいただけたら嬉しいです。スタッフの活力にもなります^^

そして花をみて癒されるとともに「ここの花は本当に人の気持ちを伝えてくれる花なんだろうか」そんな視点でご覧いただければと思います。

人が癒されてるのは「花」じゃないと思う話

寒中お見舞い申し上げます。月曜日に大寒をむかえましたが、今年は確かに暖冬ですね。
.
畑のお野菜たちも、春がきたかと勘違いをするそうで、いま時期にどんどん大きく育ってしまうから、この冬の野菜は通年以上に安価になっているそうです。

消費者としてはうれしい限りですが、実はお花も、近年の異常気象の影響で、四季のサイクルが崩れつつあり、お花が生育しなかったり、採取できなかったり、故に高騰したりと、お野菜と同じことが起きています。これが今では本当に悩ましい…。
.
これまで私は花屋として、生きた花(生花)を届けることに強いこだわりがありました。生きた花にだから伝えられることがあると、正義感上等に自分に言い聞かせてもきました。もちろんその拘りは、今も残っていますが、でもここにきて気持ちに変化があったんです。
.
変化のきっかけには、昨今の異常気象をはじめとする、生花にまつわるリスクを考えたこともあります。重ねて、私達が向きあうこととは、いま向き合ってる(気でいる)「それ」「それら」なのかなあと、考えはじめたんです。
.
「それら」については、もう少し整理して、のちにお伝えしたく。今日は一つだけお話しします。
.
.
人は花をみて癒されるといいますでしょう。お客様にもお礼のたびに言われます。でも私は、HANAIMOとしてお花を届けながら、人は花に癒される以上に、届けてくれた人との「つながり」に癒され、孤独から解放されたことに癒され安心し、それが花をもらって「嬉しい」という感情になるのだと思うんです。

だから私は皆さんの「想い」を伝えたいし、届けたい。このこだわりだけは、これからも手放したくないと、思っています。

ペットが亡くなったときおのお花の話

ペットも家族。人と同等にうけとめましょう。

近年はペットも長生きで、その存在は家族も同然。自分の子供と同じように、可愛がっていたペットを失った悲しみは、それはそれは深いものであることでしょう。 ですから、ペットが亡くなったときに送るお花は、亡くなった相手が動物であっても、人と同等に受け止めてよいと思います。お花のお色も、我が子を亡くしたご両親のお気持ちに寄り添うよう時と同じように、小さな家族にふさわしい、可愛らしく優しい色合いの花が、お気持ちも癒されていいと思います。

ペットにメッセージを添えるときのポイント

飼い主様はもちろん、亡くなったペットに向けてメッセージを添えるお客さまも多くいらっしゃいますので、参考例文をご紹介します。なお、お花をお届けする際の伝票の「お届先名」は、ペットの名前だけでは届きませんので、必ず飼い主の名前を書き添えるように注意しましょう。

寒冷地へのお届を休止しています

【寒冷地の配送を休止しています】

11月上旬~3月上旬の期間、北海道・東北を含む「寒冷地」への配送を一時休止しております。寒冷地とは、お届け先現地にて、夜間の気温および日中の気温が5度以下になる地域、また、降雪が多い地域です。届け先については事前にお問合せくださいませ。

【現在、お受けできないお届け先】
北海道:全域 東北:青森・秋田・岩手北部 豪雪地域

大変遅くなりましたが、新年あけましておめでとうございます。

大変遅くなりましたが、新年あけましておめでとうございます。

旧年中は多くのお声をかけていただき、また支えていただきまして、本当にありがとうございました。本年も変わらぬご愛顧いただければ嬉しく存じます。どうぞよろしくお願いいたします。

さて早いもので新年も七日をすぎ、今日は五節句のうちのひとつである「人日の節句」また七草でもありましたね。鑑賞する秋の七草に対し、春は一年の健康を願って食します。芹、なづな、御行、はこべら、仏座、すずな、すずしろ。歳をとったせいでしょうか笑、四季折々の季感によせる喜びに、ますます安らぎを感じるようになりました。

健康といえば、昨年は一年を通して99歳、100歳と、ご長寿のお祝いに贈るご依頼がとても多くございました。ご注文を眼にするたびに、スタッフと「すごいねえ」「すばらしいね」「おめでたいねえ」と声にしたものです。今年も皆さまにとって、またご家族ともに、この2020年が健やかな一年でありますよう、心よりお祈り申し上げます。

あらためまして、本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

鈴木咲子

 

☆メリークリスマス☆

皆さま、クリスマスです!☆

今日は わくわく、どきどき、ひやひや?も しているかしら?

 

ご無沙汰しています。

Hanaimo(はないも) 森です。

今年のクリスマス、

お店の前のモミの木は

赤いハート♥をた~くさんまとっています!♥♥♥♥♥

なんとハートフルなモミの木ちゃん!

ラブリー クリスマスです♥

Hanaimoの大切なお届けも 

このクリスマスに合わせてHanaimoオリジナルのリースや

赤・緑のクリスマスカラーでのご注文をお受けいたしました。

今年はどんなクリスマスを過ごされるのでしょうか。

あなたのサンタクロースさんからの♥♥

こころがあたたまるクリスマスイブをお過し下さい。

Merry  Christmas!

 

 

供花にお悔やみの言葉をそえるには

お悔やみの言葉を添えるときは、お通夜や葬儀・告別式と同様に言葉は短くします。お悔やみ言葉はご遺族に対し、悼む気持ちを伝えることに意味がありますので、こちら側のことなど余分なことは書かず、簡潔にします。

「このたびはまことに突然のことで、心よりお悔やみ申し上げます。」

「この度は、思いがけない事でございました。さぞお力落としのことかと拝察いたします。心からお悔み申し上げます。」

お手紙の文章にする場合は、以下のようにしても良いでしょう。

「このたび**様のご訃報にふれ、謹んでお悔やみ申し上げます。心ばかりですが、お花を送らせていただきました。ご霊前にお供えください。まずは書中にて、**様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。合掌 ****」

8月 お盆ですね

こんにちは!

皆さんお元気にお過ごしですか。

Hanaimo(はないも) 森です。

 

お盆に入りました。

お盆にはたくさんのお花をご注文いただき、ありがとうございました。

お届け先様には無事にお花が届きましたでしょうか。

 

Hanaimoもお盆のお花の出荷が一段落しまして、

のんびりムードが戻ってまいりました。

 

今日は少しだけお盆のお花について豆知識を。

 

お盆にはご先祖様や、旅立った大切な方がこの世に戻り、

家族とご一緒に過ごす期間とされております。

いつもお花を飾ったり、仏壇を整えたり、お菓子や果物でお迎えしますね。

仏教では 香・灯・花 が仏様に御供する基本なのだそうです。

お花やお線香、提灯は 霊を供養するためのお供え物です。

 

お花は仏様の尊さを伝えるもので

ご遺族の心の慰めや、こころの清めにもなるそうです。

 

お盆に御供するお花は白が基本となりますが、

白色の中にブルーや紫、黄色などを混ぜてお作りするのが主流となっております。

故人のお好きだったお花や、

ご遺族の気持を和ませるようなお花をお届けするのも良いでしょう。

そのまま飾れるアレンジメントがお勧めです。

 

また、ご仏壇やお墓にお供えするお花は

花立てが左右対称になっていることが多いため、花束を対でご用意するとよいでしょう。

1つの花束には奇数のお花で。そして2束(対)でご用意します。

匂いのきついお花はお部屋に匂いがこもってしまうので不向きです。

手間のかからず、長く飾れるお花を、お花屋さんと相談して選んでみましょう。

 

一番大事なのはご先祖様を、大事な方を供養する気持。

それぞれに気持のこもったお花を御供しましょう。

 

 

 

❁hanaimo姉妹店 『こめてのお教室』 始まりますよ~❁

こんにちは!

Hanaimo 森です。

天気はどうあれ、

夏休みに突入しましたね!

皆さま忙しい毎日を送っている事と思います。

夏の旅行の計画とか、散らかったお部屋のお掃除とか、

夏休みの宿題だとか、あっちもこっちも忙しいけど・・・

ふう~って 気持を切り替え、

元気の出るお花を飾りましょう❁

 

そ こ で (^・^)

hanaimo姉妹店 蔵前こめて にて

8月からお花のお教室が始まりますよ~\(^o^)/

 

蔵前花屋こめて HP https://comete.jp/

お教室のお知らせは https://www.instagram.com/cometecome/

 

たまにお花に触れる機会を、

人生の一つのお楽しみ時間を

あわただしい日常から自分を取り戻す時間を

お花とともに共有しませんか。、たまには、ね。 (*^_^*)

少しだけわくわくしながら。

アレンジメントも花束も

自由に!楽しく!あなたらしく!楽しんでみませんか。

 

蔵前の店舗でしかできないお教室です。

遠くにお住いの皆様ごめんなさい!

そして、いつものhanaimoは

今日も元気でお花をご用意いたしております。

遠くにお住いの大事な方へ あなたからの気持を こめて 送っております。

引き続き どうぞよろしくお願いいたします。