HANAIMOのこだわり

日々私たちが大切にしていることをお伝えします。

人それぞれの違いは「らしさ」として

私たちのお客さまは多くの方が、お花を贈るにあたって悩みや不安をお持ちです。それだけでなく、人それぞれ贈ることへのこだわりや、価値や意味合いもあります。私たちはそんな皆さまの「ちがい」を「らしさ」と受け止めて、おひとりおひとりの声に向き合うことをとても大切にしています。顔の見えないやり取りの中で、それは難しさを感じることもありますが、それでも向き合ってみよう。そんな心がけです。

どうしても守るべきことだけを約束に

相手に失礼があってはいけないと慎重になってしまう花贈りですが、私たちはシンプルに、お花を贈るひと・贈られる人がお互いに「よかった、ありがとう」と思っていただきたい。そのために出来ることだけを考えています。

一般的なルールやマナーも大切ですが、それを理解したうえで「常識にとらわれすぎず」「相手に失礼がない範囲で」お客さまにできることを考えています。「どうしても守るべきことだけを約束にし、そしてあとは信頼する。」そんなスタイルも私たちのこだわりです。

見えない声は想像する

私たちのお客さまはどの方にも、大切な人を大切に思う優しさがおありです。それがどこに記されているわけでなくても、私たちはお客様の声を想像し、おこたえすることを心にかけています。

言葉は受けとめる人のために

メッセージやお手紙は、拙くてもその人の言葉でしたためてほしい。それは相手にとって、どんな例文よりもあなたの言葉が心に届くことを、私たちは知っているからです。言葉は受け止める人のためにあるもの。マナーやエチケットも大切ですが、そのうえで私たちは、お客さまにはお客様らしい言葉で伝えていただけるよう、ご提案をしています。

スタッフについて

お客様らしさを損なわないためには、私たちが全てを決めてしまわない。お客様に必要なこと、優先順位は、お客様に決めていただけるサポートを心がけています。

誰かが喜んでくれるということを、お客さまとともに私たちも楽しんでいます。

ヤマト運輸さん、市場の方々、生産者、取引先の皆さま。私たちのお客様の想いを届けるために、協力してくださる人たちがいることを忘れません。

お電話もメールもFAXも、人の気持ちに触れる数だけ学びがあります。つたないことでも一生懸命に。それが私たちのいちばんのこだわりです。