ぼくはきみの心の中に生きている

20140715

「ぼくはきみの心の中に生きている。その心の中の岡本太郎と出会いたいときに出会えばいい。」

妻に向けたともとれるこの言葉をうけ「本当にいい男だった」と応えた岡本敏子。もともと太郎の秘書だった敏子は、太郎が「結婚」という形を望まなかったため「養女」になりましたが、事実上は最愛の妻でした。漲る情熱を作品と最愛の敏子に捧げた太郎。究極の愛を太郎に捧げた敏子。東京南青山にある岡本太郎記念館、おススメです。

愛してる 好き 何かしてあげたい
それだけでじゅうぶんじゃないの 岡本敏子