お届けしたお花の画像を送っています。

ご依頼主様へ、お送りするお花の画像をメールでお送りしています。「画像サービスは初めてでした!」というお声をいただくことは現在も少なくありませんが、17年続けているこの画像サービスは当初から変わらず無料でご案内しています。

私たちのお花はすべて東京一拠点から全国へ発送しています。週に3回お花を仕入れし、ひとつひとつリクエストを確認しながら、すべて私たちが制作しています。そして画像は、出荷する直前に写真を撮っています。そのため、ご依頼主様へのご報告は事後になってしまいますが、基本的にはメールアドレスを頂いたお客様へは全員にお送りしています。

そもそもなぜこの画像サービスが始まったかというと。HANAIMOがフラワーギフトの通販店として開業したのは今から17年前のこと、2002年その当時、世の中ではまだインターネットを介して買い物をすることが一般的ではありませんでした。が、そんな時代にも花を通販でお求めになるお客様は既にいらしたんですね。

30を過ぎて独立をし、これまでの対面販売ではなくインターネットで店舗をもつことを決めた私はまず、このパソコンのむこうで、お客様が一番不安に思っていることは何だろう?と考えたんです。

新調したばかりのパソコンを前に、このハコ(笑)が何を叶えてくれる玉手箱なのか皆目見当つかないのは、私自身も同じでした。ですから、お客様の不安を自分ごとにおきかえることは容易で、「もしも自分だったら、このハコの向こうから何をされたいだろう」と考えんです。

たまたま見つけた顔が見えない店で買い物をするときに、もし自分だったら、されて嬉しいサービスは何だろう。そこで真っ先に思いついたのがこの「画像サービス」でした。

どんなお花が届いたか、どんな状態で届くのか、本当にリクエストには答えてくれたのか、一番知りたいことを「あたりまえ」に届ける。それが通販をし宅配で花を送る私たちの「責任」とさえ思いました。他社がしていないからといって、自分たちもしないという発想はひとつもありませんでした。なぜなら喜ぶ顔が眼に浮かぶからです。

このサービスには私たちにとってもいいところが多くあります。たとえば、お客さまと画像を共有することで、万が一の時の確認も一緒にできますし、いただいたご指摘も、より早い段階で改善へ繋げることができます。だから無料なんです。私たちにとっても学びの多い大切なサービスだから。

このサービスを続けることで「ごまかしがない仕事」を届け続けることができる。そんなふうに思っています。そう実は花も「ごまかさない」ために、ありのままをお客さまと共有するために、白バックで写真を撮っているんです。

さて、いつもはそんな白バックでお送りしている写真ですが、実際に手にするとこんな感じ。こちらはご主人から奥様へ、サプライズの花束。奥様のお好きな色と花のリクエストをいただき、ボリュームたっぷりに束ねました。

これからも皆様の「こんなことできない?」に応えてまいります。私たちらしい花を、あなたらしい花を、これからも一緒に届けてまいりましょう。ぜひまたいつでもお声がけくださいね。