法要とは?

法要には「忌日法要」と「年忌法要」があります。人が亡くなってからの日数の数え方は、亡くなった命日から数えて七日目ごとにかわり百か日(ひゃっかにち)までが「忌日法要」で、百か日を境目にして「年忌法要」へと変わります。ちなみ...

法事とは?法要との違いについて

法要とは、ご葬儀・告別式後、亡くなった方を供養する「追善供養(ついぜんくよう)」そのものをさし、代表的なものでは忌明け法要・月命日法要・祥月命日法要・初盆供養・回忌法要などがあります。 法事とは、上記の追善供養の後席の会...

月命日と祥月命日は違うの?

故人の亡くなった月日を「命日」とよび、毎年めぐってくるその同じ月日のことを「祥月命日(しょうつきめいにち)」といいます。また、毎月の命日と同じ月日を「月命日(月忌)」と呼びます。 月命日は、特に人を招いたりはしませんが、...

年忌法要について知りたい

年忌法要は「祥月命日の法要」です 年忌法要は一周忌に始まります。一周忌は亡くなった年の翌年に営まれる、はじめての祥月命日の法要です。「祥月命日」の「祥月」とは亡くなった「月」を指し、「命日」は亡くなった「日」を指します。...

忌日(きじつ)法要とは

仏教では、人が亡くなった命日から数えて7日ごとを忌日といい、7日ごとに行われる法要を「忌日法要」といいます。 初七日(しょなのか)法要 初七日は、正式には亡くなった日から数えて七日目に行う法要です。初七日の法要は忌日のな...