月命日と祥月命日は違うの?

故人の亡くなった月日を「命日」とよび、毎年めぐってくるその同じ月日のことを「祥月命日(しょうつきめいにち)」といいます。また、毎月の命日と同じ月日を「月命日(月忌)」と呼びます。 月命日は、特に人を招いたりはしませんが、仏壇に故人の好んだもの、供物や花を供え、お寺様をお迎えし、ご家族でお参りをします。