供花と供物が重複してもいいのでしょうか。

葬儀・法要時に、お供え物としての供花(くげ)や供物(くもつ)、また弔慰金としての香典を重複持参することは差し支えありません。 ただ、供花・供物に弔慰金をあわせて持参する場合は、供花・供物の表書きを「御供物」・「御供」とし、弔慰金の表書きを「御霊前」・「御香奠」・「御仏前」などと書き換えて、それぞれの表書き(献辞)が重複しないように心がける必要があります。