三回忌・七回忌など法要について知りたい

法要(年忌法要)は、一周忌に始まり、一周忌は、亡くなった年の翌年に営まれる、はじめての祥月命日の法要です。一周忌の翌年に営まれるのが三回忌で、「これから3年目を迎えますよ」という意味で三回忌と言います。 以後、命日から数えて満6年目に営まれる七回忌、同じように十三回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌とつづきます。

一周忌(一回忌)=満1年目 三回忌=満2年目 七回忌=満6年目 十三回忌=満12年目 十七回忌=満16年目 二十三回忌=満22年目 二十七回忌=満27年目 三十三回忌=満32年目 祥月命日(しょうつきめいにち)

故人の亡くなった月日を「命日」とよび、毎年めぐってくるその同じ月日のことを「祥月命日(しょうつきめいにち)」といいます。また、毎月の命日と同じ月日を「月命日(月忌)」と呼びます。 祥月命日は、特に人を招いたりはしませんが、仏壇に故人の好んだもの、供物や花を供え、お寺様をお迎えし、ご家族でお参りをします。

一周忌(一年目)

亡くなった翌年の同月同日(祥月命日)に行う法要が一周忌です。近親者や故人と親しかった友人・知人を招き、比較的盛大に営みます。  

三回忌(二年目)

一周忌の翌年、つまり満二年目に行うのが三回忌です。これから3年目を迎えるという意味で三回忌といいますので、二回忌とは呼びません。  

三回忌以降の法要

三回忌以降の法要は、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十五回忌、二十七回忌、三十三回忌、三十七回忌、五十回忌、百回忌とあり、以後は五十年目ごとに営みます。たくさんの人を招いて法要を行うのは、一般的に一周忌と三回忌まで。しかし何年たっても故人のご命日は、ご家族にとって特別な日に変わりありませんから、ぜひ「故人との思い出」を慈しむ気持ちで供養しましょう。