ペットが亡くなったときのお花について

ペットも家族。人と同等にうけとめましょう。

近年はペットも長生きで、その存在は家族も同然。自分の子供と同じように、可愛がっていたペットを失った悲しみは、それはそれは深いものであることでしょう。 ですから、ペットが亡くなったときに送るお花は、亡くなった相手が動物であっても、人と同等に受け止めてよいと思います。お花のお色も、我が子を亡くしたご両親のお気持ちに寄り添うよう時と同じように、小さな家族にふさわしい、可愛らしく優しい色合いの花が、お気持ちも癒されていいと思います。

ペットにメッセージを添えるときのポイント

飼い主様はもちろん、亡くなったペットに向けてメッセージを添えるお客さまも多くいらっしゃいますので、参考例文をご紹介します。なお、お花をお届けする際の伝票の「お届先名」は、ペットの名前だけでは届きませんので、必ず飼い主の名前を書き添えるように注意しましょう。

ペットのお供え花にそえるときのメッセージ例文

「**ちゃん、お空の上でも、元気で笑っていてね」 「天国でも、元気に走り回って、楽しく過ごしてね」 「これからも、パパやママを、お空から見守っていてあげてね」