通夜・告別式に花(供花)を送りたい

通夜・告別式に花(供花)を送りたい時にはどうすればいいでしょうか。

まずは電話で確認してみましょう。

供花(きょうか)とは、故人にお供えするお花の事で、お通夜やお葬式で祭壇に飾られる生花をいいます。映画やドラマのなかのお葬式のシーンで、「**家一同」などと書いてある木の札がついた花を目にしたことがあるかと思いますが、あの花のことです。 一般的な供花は、お葬式を担当している葬儀社にお願いする事が多く、そこには提携のお花屋さんが入ってる場合も多いです。それは花の形をそろえたり、飾る供花の総数を把握するためでもあります。 しかし中には、そのような形式を知っていても、いわゆる一般的な供花ではく、心のこもったアレンジメントや花束を、故人やご遺族様に送りたい、といわれる方も多くいらっしゃいます。 どのような場合であっても、宗教や地域によって飾るお花の形式が違うこともありますし、ご遺族の意向で供花を飾らないケースもありますので、お通夜・告別式にお花を送りたいときは、かならず注文前に葬儀場へ「お花の受け取りが可能か否か」の確認をしてみましょう。