お悔やみの言葉とは何ですか?

お悔やみの言葉とは何ですか? お悔やみの言葉とは、「ご愁傷さま(ごしゅうしょうさま」「お気の毒さま(おきのどくさま)」といったご不幸のあった人に同情や慰めの意味を込めて呼びかけるときの挨拶です。

お悔やみの言葉はいつ使うの?

お悔やみの言葉は、お通夜や葬儀・告別式では受付で香典を渡すときに伝えます。会場内で伝える場合も、式の進行の邪魔にならないように、言葉は短く述べますが、これは必ずしも遺族に近寄って言葉をかけなくてはならないものではなく、焼香の際の黙とうだけでも構いません。