新盆って何をするの? お盆の過ごし方

「新盆供養はていねいに」なんて聞いたことがあるけれど、実際どんな風に過ごせばいいの?そんな???を抱いた人もいるのではないでしょうか。

お盆の過ごし方には宗教や地方によって違いはありますが、一般的には七月盆、八月盆とも、12日までにお迎えの準備をします。お供え物も、12日までに準備を済ませておきます。新盆の場合は、白い提灯(近親者)行灯などの盆提灯も用意します。

なお、新盆で、親戚や知人から、お供えのお花や供物を「御供」「ご仏前」としていただいたときは、「新盆供養」として引きものをお返しします。

13日(迎え盆)

お供え物、お花、お線香、ろうそく、提灯などを用意します。
仏壇から盆棚に位牌を移します。
霊供膳(れいくぜん)=ご霊前・ご仏前にお供えする小型の御膳や仏具、お花などを供えます。

「迎えは早く、送りは遅く」といいます。ご先祖のお迎えは早くにしましょうということで、お墓参りは午前中にしましょう。

夕方には、ご先祖を迎えるための「迎え火」を焚きます。迎え火は麻幹(おがら)を炊いてご先祖をお迎えします。

14日 15日

この二日間は、朝昼晩、家族と同じ食事をお供えします。

僧侶の方に読経をお願いします。新盆法要に場合は、近親者を招き、新しい仏様をむかえて供養します。

16日

16日の夕方に、家の玄関先などで送り火を焚き、ご先祖様を浄土に送ります。

 

今の時代、さまざまな慣習や行事が簡略化されてきましたが、相手を思う気持ち、うやまう心はどの時代にあっても変わらないと思うんですね。いまどき、何においても、大げさである必要はないと思いますが、ときには、せめてもの気持ち「お元気ですか」の気持ちをこめて、ご挨拶を贈ってみてはいかがでしょうか。

お盆の花を贈りましょう。

 

初盆(はつぼん)はいつ?→四十九日のあとです

初盆っていつ?というお問合せが、今年も多くありました。亡くなった人にとっての初盆(はつぼん)は、故人の四十九日がおわって、初めて迎えるお盆のことをいいます。

人が亡くなり、四十九日前に「お盆」の日を迎えた場合は、その年には初盆の行事は行わず、翌年のお盆に初盆を迎えます。

たとえば、亡くなったのが6月末の場合、8月の月遅れのお盆でも、その頃はまだ「忌明け前」にあたるため、お迎えしたくても、故人は「冥途の途中」にいるわけですね。それはまだ、成仏されていないと考えられる時期なので、新盆は翌年に行うということです。

同様に、四十九日(忌明け法要)を7月1日に迎えたなら、この夏が新盆になります。

お盆の花は、盆入り13日にあわせて届けます。盆中は届先が不在なことも多いので、事前に在宅日を確認すると確実ですね。

お盆の花を贈りましょう

お盆に贈るお花は、爽やかな青がおすすめです。

人が亡くなってから初めて迎えるお盆のことを新盆(にいぼん)または初盆(はつぼん)と呼び、この日は故人の好んだお菓子やお花をお供えし、普段のお盆よりも丁寧にお迎えします。

お盆に贈るお花について

お盆は、7月13日から行う地域と、8月13日から行う地域がありますね。いずれも13日から16日の4日間に行なわれますから、お花もその期間に届くようにしましょう。

青は平和を象徴し慎ましさを表す色として、男性ばかりでなく女性にも好まれる人気色。これからの時期は、お盆に送るお供え花としても、こんな爽やかな青系が人気です。

お盆のお花のご注文はこちら

#はないも供花 #はないも #お供え花 #お盆 #お盆のお花 #お盆花 #お花のある暮らし

ペットが亡くなったときのお花について

ペットも家族。人と同等にうけとめましょう。

近年はペットも長生きで、その存在は家族も同然。自分の子供と同じように、可愛がっていたペットを失った悲しみは、それはそれは深いものであることでしょう。 ですから、ペットが亡くなったときに送るお花は、亡くなった相手が動物であっても、人と同等に受け止めてよいと思います。お花のお色も、我が子を亡くしたご両親のお気持ちに寄り添うよう時と同じように、小さな家族にふさわしい、可愛らしく優しい色合いの花が、お気持ちも癒されていいと思います。

ペットにメッセージを添えるときのポイント

飼い主様はもちろん、亡くなったペットに向けてメッセージを添えるお客さまも多くいらっしゃいますので、参考例文をご紹介します。なお、お花をお届けする際の伝票の「お届先名」は、ペットの名前だけでは届きませんので、必ず飼い主の名前を書き添えるように注意しましょう。

ペットのお供え花にそえるときのメッセージ例文

「**ちゃん、お空の上でも、元気で笑っていてね」 「天国でも、元気に走り回って、楽しく過ごしてね」 「これからも、パパやママを、お空から見守っていてあげてね」

小さなお子様を亡くした友人へお花を贈りたい。

小さな子供、赤ちゃんのときは「ご両親への配慮」を忘れずに

小さなお子様、赤ちゃんのご訃報は、ご家族にかぎらず心を痛めるものです。先方のご家族も、さぞかしお悲しみの中にいらっしゃることと存じます。 HANAIMOでは、小さなお子様や赤ちゃんへ送る花の場合、お届け先様のご心情も考え、あまり寂しくない色、優しい雰囲気でお届けされることを、おすすめしています。 お供えのお花ではありますが、白いお花ばかりというのも、一層悲しみにくれてしまうかもしれません。とくに小さな子供、赤ちゃんのご訃報のときには、ご両親のお気持ちが少しでも癒されるような、優しくて、あたたかみのあるお花にしてさしあげたい。そのように思っております。

お子様のお供え花には「あかるく可愛い色」がおすすめ

お花の色については、先にも書いたように、真っ白なお花よりも柔らかなクリーム系や、女の子ならあわいピンク、男の子なら水色など、少し色を入れたお花をおすすめしています。 また、なかには小さなマスコットなどをそえて、可愛らしく明るくご用意されることをリクエストされるお客さまも多いです。  

「御仏前」など表書きの書き方について

表書き(献辞)には何通りもありますが、供花を送るとき関係するものだけとりあげます。

御仏前(ごぶつぜん)

「仏様になった故人に捧げ供える」との意味合いがあります。仏教では忌明けまでを御霊と考えるので、その間にお花を送るときは「御霊前」とし、忌明け後は仏様になるとの考えから「御仏前」と用いられます。浄土真宗(本願寺派・大谷派など)に限り、「死者は逝去後即ちに仏様になる」との考えから、通夜・ 葬儀告別式にも用いられます。

御霊前(ごれいぜん)

「故人の御霊に捧げ供える」との意味合いがあり、仏教・神道・キリスト教に共通して使用出来ます。 なお、キリスト教の場合は「故人は御霊(魂)となって召天する」との考えから、法要(命日祭・召天記念式)においても用いられますが、仏教では、忌明けをもって故人は成仏するとの考えから、忌明け法要後には御霊前は用いられません。ただし仏教の浄土真宗(本願寺派・大谷派など)では、「死者は逝去後即ちに仏様になる」との考えから、御霊という観念がないため用いません。

御神前(ごしんぜん)

「神様になった故人に捧げ供える」との意味合いがあり、神道の法要(神霊祭・式年祭)の際に用いられます。神道では「忌明け(忌明け祭)をもって故人は神様になる」との考えから、忌明け後の法要に用いられます。

御香華料(ごこうかりょう)

「お香や供花に代えて」との意味合いがあります。古くは各家に伝わる先祖伝来のお香や、自家に咲く花を持ち寄って故人に手向けたことの名残です。なお、あくまでお香と供花に代えてとの意味合いから、別途に供花をする際には用いません。

法要とは?

法要には「忌日法要」と「年忌法要」があります。人が亡くなってからの日数の数え方は、亡くなった命日から数えて七日目ごとにかわり百か日(ひゃっかにち)までが「忌日法要」で、百か日を境目にして「年忌法要」へと変わります。ちなみに、49法要、49日法要などと書くことがありますが、正しくは「四十九日法要」です。

法事とは?法要との違いについて

法要とは、ご葬儀・告別式後、亡くなった方を供養する「追善供養(ついぜんくよう)」そのものをさし、代表的なものでは忌明け法要・月命日法要・祥月命日法要・初盆供養・回忌法要などがあります。 法事とは、上記の追善供養の後席の会食まで含むものをいいます。 

三回忌・七回忌など法要について知りたい

法要(年忌法要)は、一周忌に始まり、一周忌は、亡くなった年の翌年に営まれる、はじめての祥月命日の法要です。一周忌の翌年に営まれるのが三回忌で、「これから3年目を迎えますよ」という意味で三回忌と言います。 以後、命日から数えて満6年目に営まれる七回忌、同じように十三回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌とつづきます。

一周忌(一回忌)=満1年目 三回忌=満2年目 七回忌=満6年目 十三回忌=満12年目 十七回忌=満16年目 二十三回忌=満22年目 二十七回忌=満27年目 三十三回忌=満32年目 祥月命日(しょうつきめいにち)

故人の亡くなった月日を「命日」とよび、毎年めぐってくるその同じ月日のことを「祥月命日(しょうつきめいにち)」といいます。また、毎月の命日と同じ月日を「月命日(月忌)」と呼びます。 祥月命日は、特に人を招いたりはしませんが、仏壇に故人の好んだもの、供物や花を供え、お寺様をお迎えし、ご家族でお参りをします。

一周忌(一年目)

亡くなった翌年の同月同日(祥月命日)に行う法要が一周忌です。近親者や故人と親しかった友人・知人を招き、比較的盛大に営みます。  

三回忌(二年目)

一周忌の翌年、つまり満二年目に行うのが三回忌です。これから3年目を迎えるという意味で三回忌といいますので、二回忌とは呼びません。  

三回忌以降の法要

三回忌以降の法要は、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十五回忌、二十七回忌、三十三回忌、三十七回忌、五十回忌、百回忌とあり、以後は五十年目ごとに営みます。たくさんの人を招いて法要を行うのは、一般的に一周忌と三回忌まで。しかし何年たっても故人のご命日は、ご家族にとって特別な日に変わりありませんから、ぜひ「故人との思い出」を慈しむ気持ちで供養しましょう。 

月命日と祥月命日は違うの?

故人の亡くなった月日を「命日」とよび、毎年めぐってくるその同じ月日のことを「祥月命日(しょうつきめいにち)」といいます。また、毎月の命日と同じ月日を「月命日(月忌)」と呼びます。 月命日は、特に人を招いたりはしませんが、仏壇に故人の好んだもの、供物や花を供え、お寺様をお迎えし、ご家族でお参りをします。