はないも店主より 11月15日


立冬も過ぎて、急に寒さが身に染みると感じられるようになりました。お元気でお過ごしですか。このころになると、世間ではクリスマスのデコレーションやディスプレイがはじまったり、ウィンターズギフトやアイテムの予約がはじまったり、町も人も、一気に冬の装いです。

 

さてわたし達も、ささやかながらクリスマスの贈り物をご用意させていただきました。気持ちとしては、お忙しくしてる方や、お一人暮らしの方、「元気にしてるかしら?」と思い出すような方に、季節のごあいさつのようにして、贈って頂けたら嬉しいです。

 

こんなこと言っては身も蓋もないんですが、私個人としては、贈りものって特にお花じゃなくてもいいよねと、常々思っているんですね。世の中には可愛いもの、素敵なもの、美味しいもの、お手頃なもの、選びきれないほどのギフトやプレゼントになるアイテムはあって、見れば見るほど、自分でも欲しいくらい!って、私もいつも思うんです。ホントにどれも素敵でしょう?

 

そんなときに私としては「是非とも花を!」とは思ってないんです。これはスタッフにも言うのですが、もし私たちのお客さまが、たくさん悩んだ結果選んだものが花ではなかったとしても、相手にその人の想いが伝わるなら、それが正解と思うのです。必ずしも相手を喜ばせるものが花であるとは思わないし、花である必要もないと思ってる。ただ私は「花にだから出来ることがある」とは信じているんです。「花にしか伝えられないことがある」し「花だから伝えられる想いがある」と心から信じてるのです。

 

HANAIMOは漢字で「花以想」と書きます。その字のとおり「花を以って想い伝える」という意味です。私たちのしごとは花を「届ける」ことそのものではなく、人の心に寄り添い、その想いを花で「伝える」こと。

 

出来ることはたったそれだけなのですが、でも私はこの名前と仕事に、誇りを持っています。