就任祝いはどう贈るの?

6月末は企業の株主総会がある季節。この時期はご就任お祝いに贈るお花のご依頼が相次ぎます。

今日いただいたお電話のご相談はズバリ「就任祝いってどう贈るの?」でした。

 

 🙂 「質問だけなんですがいいですか?」

「もちろんです。」

 🙂 「とある会社で、それぞれの役職に就任された方が、同時に4人いるのですが、その場合、お花はどうやって送るんですか?」

「ひとつの会社様で、同じタイミングで、4人の方がそれぞれにご昇進された。ということですよね?」

 😛 「そうです。」

「でしたら、4人の方それぞれにお祝いの気持ちを贈るのが適切と、当店ではご案内しています。」

 🙄 「ということは、一つも会社に、4つの花が届くんですよね?」

「そういうことになりますね。」

 🙄 「もし花なら、4つ届くんですよね?同時に(笑)」

「お花ならそうですね(笑) お花を送るかは別にしても、たとえば移転や上場のお祝いは『会社』に対するお祝いですよね。それに対し昇進や昇格、就任のお祝いはその会社に所属されている『ひと』に対してのお祝いです。ご昇進された方が複数いれば、それぞれの方にお祝いの気持ちを表すのが適切であると考えています。」

 🙂 「ああなるほど。」

「たとえば就任ではなく、逆に退任や退職の方が複数いらした時って、それぞれの方に対して「ご苦労様でした」と声をかけますでしょ?それと似ていますよね。」

 😀 「ああそういうことですね(笑) わかりました。ではちょっと社内で検討します。」

 

ここで豆知識。昇進とは「職界や地位が上がる」こと、昇任は「取締役以上の役職に就く」こと、就任は「新しく取締役などの高い地位に就く」ことを言います。就任お祝いは、会長、社長、支社長、店長、支店長などに就かれた場合に「祝 御就任」「祝 社長ご就任」と表書きをつけお祝いの気持ちを贈ります。こちらは該当する会社にとっても公的な行事ですから、もしご挨拶状が届いた際には、できるだけ早くにお祝いの品をお送りするようにします。

なお社内でご昇進された方がいる場合は、会社の慣習に従ってお祝いを考える、部署で相談をするなどし決めるとよいでしょう。なかにはご本人ではなくご家族に対してお祝いの気持を贈られる方もいらっしゃいます。昇進や昇格はご家族にとっても嬉しいニュースですから、そんなご注文を頂いたとき、素敵な気遣いだなと感心したのを憶えています。ご参考まで。

おめでとうは無しで祝いたい

毎日いただくご相談の中で比較的多いものに、お花にそえるメッセージについてのご相談があります。

今日のお電話は、いつもお声がけいただくお客様の奥様からでした。

 

  🙂  「先日も同じ届け先に送っていただいて。こないだは法要だったのですが、今回は誕生日なんです」

「お受け取りは今回もお母様ですか?」

  🙂 「はい。義母の誕生日に。ただ、先日(義父の)法要を終えたばかりなんで、誕生日ではあるのですが「おめでとう」と伝えるのもどうかと…」

「なるほど」

 🙂 「おめでとうは無しに、誕生日を祝う気持ちを伝えるには、なんと書いたらいいでしょうか」

「ちょっと考えます(笑)」

 🙂 「おめでとうはおめでとうなのですが…今の母の気持ちを思うと、おめでとうとは書きたくないなと…」

「お誕生日はおめでとう、だけど、おめでたくないんですよね。お母様の気分が」

 🙂 「そうなんです(笑)」

「ちょっと待ってくださいね。考えますね(笑)」

 

…….「たとえば、『お誕生日によせて』という書き出しで、『身体に気をつけて、これからも元気でいてください』とシンプルに添えてはどうでしょう? こちらの思いも、今はそれに尽きるのだし。いつでも気にかけていますよ。が、伝わればいいかなと。どうでしょうか。」

  😀 「それにします!(笑)」

 

高齢だけれど義母は花が好きだから、自分で飾れる花束で、と奥様。お花は東京の息子から、いよいよ独りになってしまった青森の母へ。

 

『お誕生日に心をこめて贈ります。くれぐれも身体に気をつけて、いつまでも元気でいてください 。』

気付ってなあに?

今日、事務みならい中のスタッフにご注文のデータ入力を手伝ってもらっていた時のこと、スタッフからこんな質問がありました。

 🙂 「咲さん、『気付』ってなんですか?」

「気付(きづけ)っていうのは、例えば届け先のある場所を介して、本人に届けるときに使うのよ」

 🙂 「そうなんですね」

「例えば、花を届けるときに、自宅なら直接ご本人が受け取れるでしょ?」

 🙂 「はい」

「その場合は***様でいいじゃない?」

 🙂 「ですね」

「それに対して、例えば届け先がホテルの場合、本人に直接渡せないときは、ひとまずフロントに預かってもらって、そこからご本人に渡してください。ってなることがあるの。そのときに『フロント気付 ***様』と書いておくのよ。」

  😀 「なるほどー」

「そういうこと。ところで。気付(きづけ)の『き』ってなんだろね(笑)」

 🙄 「何でしょうね(笑)」

「なんだろう(笑)」

 

ということで調べてみました(笑)日本国語大辞典によると、気付(きづけ) とは、

(心添え・心付け・注意させる意から) 書簡を相手の立ち寄り先などにあてて送ること。また、その時、そのあて先などの下に書き添える語。

とあります。

これを私たちの花に置き換えてみます。重複しますが例えば、ホテルで挙式する花嫁にお花を贈りたいときは、本人に関係のある場所(ホテル)に送り、そこにいる関係者(フロント)から本人に届けていただくことになります。この場合に「***ホテル フロント気付***様」とお届け先の住所欄に記載するんですね。ほかにも

***ホテル フロント 気付  

***会館 ***の間 気付

***会社 営業本部 気付

****劇場 楽屋 気付

といったように使います。

 

 😯 「いろいろ難しいですね」

「でもね、なんだか気付の気って「あなたに託しますから(本人に渡るまで)くれぐれも気を付けてお願いしますね」という願いが込められてるような気がしてきたから、なんか悪くないなあ、なんて(笑)」

 😉 「そうかもしれませんね(笑)」

 

いささか解釈が行き過ぎているかもしれないけれど、でも「気付は気を付けて」と願って届けたら、いつも以上にちゃんと気持ちが届くような気がして。だからなんだかいいな、と思ったのでした。

 

プロポーズ、そのときに。

あるひのこと、プロポーズに花を使いたいんです。というご相談をいただきました。お花はこっそり予約したレストランに持参し、食事をした後のいよいよの場面で、サプライズに使いたい。というご相談。

  🙂 「・・・・というわけです」

「なるほど。さあどうしましょう」

 🙄 「イメージがわかないんですけど・・・いくらくらいで出来るものですか?」

「そうですねえ。こういってはなんですが500円でも5000円でも、いくらでもできます(笑)」

 😯 「え~~~その500円ってなんですか??」

「たとえば。たとえば、その食事の最後に、綺麗なバラを1本贈る。というのもステキでしょう?」

 😀 「なるほど…」

「または、こう、背中越しに隠した花束を、まるでドラマのようにハイ!っと渡す。こっちが5000円。」

 😀 「なるほど!そっちがいいです(笑) ちなみに、10000円くらいだと、どのくらいですか?」

「10000円ですか??」

 🙄 「はい。よくわからないんで」

「たとえばさっきの、こう、背中に隠した花束が、ちらっと見えて、あれ?っと気づかせるくらいの、コンパクトなかわいいイメージが5000円。」

 🙄 「ふんふん」

「で、そうじゃなくって、後ろ手にもってるけど、どう見ても隠せてないよ(笑)というボリューム感が10000円くらいです。」

 😀 「なるほど!!」

「おそらく、花束をハイ!っと差し出した時に彼女が、わ!!となるか、わあああ!!!っとなるか、その違いかなと思います。たぶん(笑)」

 😆 「なるほど!!!(笑)」

「どっちも素敵ですよね。わあ!っと思ってくれても嬉しいし、わああ!!って顔も見てみたいし。どっちがいいですか?(笑)」

 😆 「わあああ!!」がいいです!!!」

「じゃ、わあああ!!にしましょう(笑)」

ということで、彼のプロポーズのお花は、「わあああ!!」のリクエストいただき、彼女が好きだと思う色でとっておきのブーケをお作りしました。

 

お花の予算は目安です。それより一番大切にしたいことは何だろう?というお話が出来たらいいなといつも思います。きっと誰にでも「いちばん叶えたいことはココなんだ」というのがあると思うんですね。そこを大切にしながらご用意できたらいいなと思っています。

 

写真はイメージです